【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。

施工例

ホーム > 施工例 > 緑区・K様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2014年11月10日
使用商品
オーダーサイドボード ウォールナット材
コメント
名東店より、緑区・K様邸にお届けしてまいりました。
K様はダイニングの収納をお探しでしたが、既製品でちょうど良いものがなくお困りだったそうです。
当店を知ったのは、たまたまご覧になったWEBだそうです。オーダーで自由に家具を作れるお店ならとのことで、ご相談いただきました。
ご要望としては、プリンタを隠して収納したい、手前にダイニングセットがあるので邪魔にならないよう引戸にしたい、紙類など細かい物が多いので棚割りを細かく、小物類の収納に浅めの引出を、などなど。
ご要望を伺いながらラフスケッチを取っていると「面白いですね♪」と奥様。イメージがスラスラと具体的になっていくのが楽しいご様子。
ノートPCをちょっと使う時など、デスク代わりとしても使い勝手が良いように高さは700mmにて。ダイニングテーブルと平行に置くので、チェアを反転させればそれぞれの場所で共用できます。
幅木をよけて壁面にぴったりつけられる仕様ですが、プリンタなど配線の取り回しを考慮して背板に配線孔、天板にケーブル用の切り欠き加工をしてあります。
プリンタ収納部の棚板は奥を少し浅くしてあるので、将来周辺機器が増えても配線できるように工夫してあります。
壁面にはまだスペースがあり、将来的にはデスクも作りたいとのことでした。
生活スタイルやライフステージの変化など、必要なタイミングに必要なアイテムをご用意できるのがVigoreの良いところ。
その時は、またお気軽にご相談くださいませ。
Detail
デザイン的にはシンプルなものをご希望でしたので、ハンドルなどの金物は使わずフラットなイメージで。引出の前板と引戸には手を掛けられるように彫りこみを入れてあります。
Detail
上部には浅めの引き出し、下部は棚収納。プリンタを収納できるように本体奥行は少し深めですが、その分引出も大容量。
Detail
プリンタ収納部。使用頻度が高くないお宅では、隠して収納すると見た目もすっきり。配線の取り回しを考えて背板には配線孔を。天板の切り欠きから上にケーブルを出せます。棚板の奥は20mmほど隙間を設けてあるので、周辺機器類が増えても配線可能。

Detail
後に物が落ちたりしないよう、幅木をよけて壁面にぴったりつけられる仕様。でも、配線類はきちんと取り回せるよう、天板に切り欠き加工。
Detail
天板は突板仕様ですが、木口には3mmの無垢面材を使用。何かぶつけたりしても多少メンテ可能ですし、突板がはがれたりするのも防ぎます。引出前板は木目をきちんと通して。
Detail
引出内装には桐材を使い、四方蟻組み・6mmベタ底など堅牢な造り。見えない部分でも、長く付き合える道具であるために吟味しているのがVigoreの家具。

施工事例
施工事例 緑区・K様 施工例
お問合せ番号 sekou_358
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ