【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 鈴鹿市・O様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2014年11月18日
使用商品
オーダーTVボード「HORIZONTAL(ホリゾンタル)」オーク材
コメント
名東店より、鈴鹿市・O様邸にお届けしてまいりました。
O様はご新築を機にTVボードをお探しでした。
センタースピーカーやアンプなど大きな機材をお持ちでしたが、既製でうまく納まるものがなくお困りだったようです。
当店を知ったのは、たまたまご覧になったWEBだそうです。
オーダーで自由に設計できるお店ならとのことで、メールでお問い合わせいただいたのが始まりでした。
お手持ち機材のサイズや機器類レイアウトのイメージなどが具体的でしたので、プランニングはスムーズにできました。納まりやクリアランス、配線の取り回しなどの細かい部分をアドバイスしながら設計していきました。
少し遠方にお住まいでしたので、図面やイメージなどのデータをメールでやりとりしながら形にしていきました。

センタースピーカー収納部の扉はサランネット仕様にし、アンプやブルーレイなど熱を持ちやすい機器類収納部は鏡板を入れずに放熱効率を良くしました。
背面側は壁面コンセントが生かせるようにクリアランスを設け、天板には配線孔、各収納部で横方向にも結線しやすいように帆立(縦の仕切り)にも配線孔を入れました。
配線が多くなる収納部の背板は「けんどん式」で取り外せるようにしてあるので、配線もしやすいかと思います。

末永くご愛用くださいませ。
Detail
向かって左がビデオ・レーザーディスク、中央がセンタースピーカー・チューナー、右がブルーレイ・アンプのレイアウト。内寸は機器類に合わせて設定してあります。
Detail
スピーカー収納部の扉は、音が抜けるようにサランネット仕様で。ネットのカラーはソファに合わせてブルーをセレクトされました。こんな部分でもこだわれるのがオーダーの良いところ。
Detail
熱を持ちやすい機器類収納部の扉は、鏡板をなしに。背板にも放熱を兼ねた配線孔をいれてありますが、対流で空気が動きやすいので収納部に熱がこもるのを軽減します。

Detail
デザインは「HORIZONTAL」をベースに。規則正しく並んだ格子は美しく、機器類を丸見えにしないのでTV周りがすっきり見えます。きちんと戸枠を組んで、そこに格子を一本ずつはめ込む、精度の高い加工技術で作っています。
Detail
配線がしやすいように一部の背板は取り外せる「けんどん式」で。横方向の配線も取り回しやすいように、帆立に配線孔を入れてあります。機器類が多い方は、配線類をいかに露出させず、きれいにまとめるかもポイントです。
Detail
本体を壁面にぴったり付けられるように、側板には幅木よけの切り欠き加工を。サイドスピーカーの配線ができるよう、少しクリアランスを設けて。細かい部分ですが、背面側に物が落ちることもありませんし、壁面に置いたときの納まりも綺麗です。

施工事例
施工事例 鈴鹿市・O様 施工例
お問合せ番号 sekou_363
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ