【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 名東区・K様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2012年12月20日
使用商品
オーダーカウンター、オーダーウォールキャビネット オーク材
コメント
名東店より、名東区・K様邸にお届けしてまいりました。
以前にソファやTVボード、ダイニング、ベッドなどの家具をお迎えいただいているK様。
今回はキッチンのバックキャビネットをご相談いただきました。
圧迫感が出ないようにすることと、既存の分別ダストボックスが使えるようにとのご要望で、カウンターとウォールキャビネットの組み合わせでプランニング。
カウンターは、お手持ちの調理家電が納まるようにレイアウトを決めて、残りのスペースを収納にしました。細かい物が多いキッチンなので浅めの引出を2杯つけ、1杯はカトラリー類の収納に仕切りを付けて。炊飯器を収納する部分はスライドカウンターにして、お手入れしやすいようにステンレスシートを貼りました。収納部の扉は引戸にて。
ウォールキャビネットは使用頻度の高いものを収納するオープンスペースと、残りは扉をつけて。奥様が使いやすい高さになるように、身長に合わせて壁面施工しました。
以前お届けしたTVボードに使っているアンティークガラスの風合いを気に入っていただき、今回のウォールキャビにも採用。
リビングダイニングから見える位置なので、質感の良い素材はインテリアの雰囲気を壊しません。

施工が終わり奥様にご覧いただくと、使い勝手や見た目の良さをとっても気に入っていただけました。
使い手に合わせてサイズや仕様、素材など、自由に設計できるVigoreらしいオーダー家具となりました。
Detail
既存の分別ダストボックスがそのまま使えるようにサイズ設定。収納部の仕様は入れる物や使い方を伺って設定してあります。扉は引戸にて。開き戸と違って扉の出がない分、キッチンでの作業動線を広く取りながら出し入れができます。
Detail
炊飯器を収納するスペースはスライドカウンター仕様で。ご飯を炊いているときは蒸気を外へ逃がせます。内部には通気口の金物とコンセントを付けてあります。写真は保護シートを外して無い状態ですが、実際はステンレスシートが貼ってあるのでお手入れもしやすいです。
Detail
上部には浅めの引き出しを。キッチン周りは細かいものが多いので、出し入れしやすいよう、浅めに設定しました。プッシュレールにして、ツマミやハンドルがないフラットなデザインにしてあるので、忙しく動くキッチンでは邪魔になりにくいです。

Detail
片側の引き出しは、箸・ナイフ・フォーク・スプーンなどを収納しやすいよう、仕切りを付けてカトラリートレー仕様にしてあります。仕切りは可動式なので、入れるものに合わせて位置調整が可能です。
Detail
圧迫感が出ないようにウォールキャビネットを壁面施工で。取り付け位置は奥様が使いやすいように身長に合わせて。作業空間を考えてカウンターより奥行は浅め。使用頻度の高いものを収納するオープンスペースと、残りを扉で。扉もハンドルなどを見せないフラットなイメージでプッシュラッチを採用。
Detail
扉のガラスにはアンティークガラスを採用。ゆらめくような質感は、クールな印象の素材に温かみをもたらします。ウォールキャビネットはリビングダイニングから見える位置になるので、質感の良い素材セレクトは来客の目に触れてもインテリアの雰囲気を損ないません。

施工事例
施工事例 名東区・K様 施工例
お問合せ番号 sekou_376
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ