【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 東浦町 Y様 施工例
VIGORE 施工事例

施工日 使用商品 コメント
2013年2月9日
『AUTHENTICITY FINE』RB 3P ウォールナット材
名東店より、東浦町・Y様へお届けしてまいりました。
Y様はご新築を機にソファをお探しでしたが、当店のWEBでご覧になったAUTHENTICITY FINEシリーズの『RB』が気になりご来店いただきました。
「RB」の特徴や実際の施工例などをWEBでご覧になってはいたものの、実際に背面の美しいデザインや、見た目だけではなく掛心地も伴ったソファであることをご確認いただきご新居にお迎えいただきました。
フレームの素材はウォールナットをお考えでしたが、ファブリックはコントラストを付けて際立てたいとのご要望で、白に近いアイボリーをセレクト。
お部屋の印象も明るくなりますし、背中の格子から抜けて見えるファブリックとフレームのウォールナットとのコントラストを大きくすることで背面の意匠も引き立ちます。
リビングダイニングを間仕切るようなレイアウトの際は、どこから見ても美しい「RB」が良く映えます。
Detail
「RB」の一番の特徴である、大きく意匠を入れた美しい背面。規則正しく並ぶ格子は格調があり、精悍さを思わせるイメージ。リビングとダイニングを間仕切るレイアウトの場合は、意匠性を持たせやすいウッドフレームがよく似合います。
Detail
背中の格子部分の拡大。ソファに最適な背座角設定にするために角度を持たせて接合したパーツですが、格子の木目はすべてきちんと通してあるので見た目のチグハグ感もありません。一本の材料を一旦カットし、角度を持たせて強度の高いフィンガージョイントで接合しています。加工精度が要求される構造です。
Detail
アーム部分の拡大。前脚とアーム笠木の接合は、45度にカットして合わせる「留(とめ)継ぎ」。材料の厚みが表に出ないのですっきり見えます。二重のフレーム構造になっていますが、鉄骨のリブやウェブのように強度を持たせられることと、陰影が出るので上質なイメージになります。

Detail
掛心地に関わる正面には大きく意匠を入れず、ごくシンプルに。留継ぎのアームは無垢材を使いながらもすっきり見えます。足元をやや広めに立ち上げたデザインなので、見た目も重々しくならず、最近普及しているロボット掃除機「ルンバ」も通ることができます。
Detail
掛心地にもこだわっているのが「至高のソファ」。フレームのボトムにはウェビングテープを格子状に配し、トランポリンのようにクッション性を持たせてあります。座クッションは比重の異なる高密ウレタンを積層した複層構造で、トップにはハンガリー産スモールフェザーを充填。「ふわっ」と受けて座とボトムで「しっとり」支える掛心地にしてあります。背クッションは腰部形状に合わせたウレタンを仕込んであるので背当たりも良いです。
Detail
ファブリックはオフホワイトに近いアイボリーをセレクト。フレームのウォールナットとの対比を大きくすることで背面の格子も際立ちます。「至高のソファ」にはイタリア製ファブリックを採用していますが、綿、麻など天然素材の組成が大きいので肌触りが良いのが特徴。今回セレクトした生地は、少し光沢のある糸が織りこんであるので艶っぽい大人のイメージ。

施工事例
施工事例 東浦町 Y様 施工例
お問合せ番号 sekou_396
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ