【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 長久手市 S様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2013年8月20日
使用商品
テーブル「Eredita」・チェア「SS」・チェア「PR」
ブラックチェリー材
コメント
名東店より、長久手市・S様邸にお届けしてまいりました。
S様はご新築を機にダイニングセットのお買い替えでご相談いただきました。
私たちは素材の色味や風合いをそのまま生かすクリアオイル仕上げを採用していますが、それぞれ素材の特徴や経年変化の様子をお話したところ、S様が気に入られたのは飴色に深みを帯びていくブラックチェリー。
テーブルはいろいろご覧いただいた中で、シンプルなデザインながら厚材を使い、精度の高い加工を要求される吸い付き蟻桟など堅牢な作りが特徴の「Eredita」を気に入られました。
家族構成は4人ですが、サイズはスペースに合わせて少しゆったりめの幅1,800で。家事机がわりに使ったり、子供の勉強を見てあげたり、食事だけでなくいろんな用途に使うテーブルは、ゆったり使えるサイズにしておくと何かと重宝します。
チェアは大人と子供で別々のものを合わせることに。大人が使うチェアは、ちょこんと肘を掛けられるデザインで寛いでも過ごしやすい「PR」。お子様用には、張座と違って汚れに対してあまり神経をとがらせなくて済む板座タイプから「SS」を。板座ですが、座面にはお尻と太ももが当たるところを削り出して窪ませる「座ぐり」加工をしてあるので底付き感も出にくいです。
経年変化の様子を楽しみながら、末永くご愛用くださいませ。
Detail
名東店オリジナルのテーブル「Eredita」。8/4インチ厚材を加工して作られる天厚40mmを採用したモデル。大きめのサイズで製作したときに、薄っぺらく頼りないイメージにならず、プロポーションも良いです。
Detail
シンプルなデザインですが、見えないところに高度な技術を用いています。天板の反り止めには、「吸い付き蟻桟」という工法を採用。蟻型(台形)に切った溝に、同じ形に加工した桟を差し込む、釘やネジを使わない木工の仕口(しくち)のひとつ。高い精度の加工を必要とされます。
Detail
ブラックチェリーの最初の色は、かなり明るく淡いです。ヌメ革製品のように、経年変化で深い飴色に表情を変えていくのがブラックチェリーの特徴。木肌がキメ細かいので、スベスベした肌触りも特長です。育てる楽しみもある素材と言えます。

Detail
テーブルは反り止めに吸い付き蟻桟を採用しているため、天板下に幕板のないすっきりしたデザイン。足を組んで座ってもゆったり過ごせたり、肘付きチェアをあわせても肘が干渉せずテーブルにきちんと納められる、使い勝手の良さもあります。
Detail
大人用にとセレクトされたのは、チェア「PR」。幅をややゆったり持たせたサイズ設定は、股を開いて座りがちな男性でも窮屈に感じず、中央をくぼませた形状の座面はお尻の納まりも良いです。ちょこんと肘と掛けられるデザインなので、寛いで過ごすのにも適した設定です。
Detail
お子様用にとお選びになったチェア「SS」。お子様が使う場合、張座タイプですと汚したりするのに敏感になりがちですが、板座タイプならそれほど神経質にならなくて済みます。お尻と太もも部分を削ってくぼませる「座ぐり」加工をして、底付き感が出にくいよう配慮してあります。

施工事例
施工事例 長久手市 S様 施工例
お問合せ番号 sekou_484

PICKUP ITEM

チェア PR

PRICE: 43,092 円

チェア SS(板座) 

PRICE: 30,672~31,752 円
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ