【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。

施工例

ホーム > 施工例 > 安城市 O様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2013年8月31日
使用商品
「至高のソファ」ウッドフレーム「Arbelo」シリーズ『Sette(セッテ)』
オーク材
コメント
名東店より、安城市・O様邸にお届けしてまいりました。
O様はご新築を機にソファをお探しでしたが、なかなか納得いくものがなく、ソファがないままご新居で生活されていました。
当店を知ったきっかけはWEBだそうですが、きちんと作ってありそうとの印象から実際に足を運んでいただきお試しいただきました。
初回のご来店時は検討しますとお帰りになったのですが、後日「いろいろ見たけどやっぱりここのソファが一番良いです」と再びご来店されました。
ソファは木枠のタイプをお考えでしたが、いろいろ座り比べて掛心地を気に入ったことと、背中があまり見えないレイアウトなので背面に大きく意匠を入れていないシンプルさを気に入っていただき、ウッドフレームシリーズ「Arbelo(アルベロ)」の中から、「Sette」をセレクト。
フレーム素材は、ソファ前にくるリビングテーブルの雰囲気に合わせてオークで。
ファブリックは細かい千鳥格子のパターンを気に入られ、お部屋が明るく見えるようにカラーはホワイトで。
素材や構造・工法など、吟味されたソファは生涯を共にできるクオリティを持ちます。
末永くご愛用くださいませ。
Detail
「至高のソファ」のウッドフレームシリーズ「Arbelo(アルベロ)」から、シンプルなデザインの「Sette(セッテ)」をセレクトされました。肘と脚の接合部には、「7枚組み継ぎ」の仕口を採用し、強度を持たせながら意匠としてのおもしろさも加えています。
Detail
「Sette」は、ウッドフレームシリーズの中では背面に大きな意匠を入れずにシンプルなデザインにしてあるのが特徴。背クッションは、腰部骨格の自然なS字が崩れにくいようフェザーバッグにウレタンを仕込んだ「腰部サポート」仕様。フェザーの充填量がやや高めのモデルなので、包み込むような優しいタッチが特徴です。
Detail
ファブリックは細かい千鳥格子のパターン生地の中から、お部屋が明るくなるようにカラーはホワイトをセレクト。プレーンな生地に比べると汚れが目立ちにくいので、小さなお子様がいらっしゃるご家庭ではこのような細かいパターンもののファブリックがよく選ばれます。


施工事例
施工事例 安城市 O様 施工例
お問合せ番号 sekou_486
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ