【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。

施工例

ホーム > 施工例 > 瀬戸市 Y様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2013年10月6日
使用商品
ダイニングテーブル「Eredita」・チェア「CH-V」・チェア「MK」
オーダー両面カウンター
ブラックチェリー材
コメント
名東店より、瀬戸市・Y様邸にお届けしてまいりました。
Y様は以前からずっとダイニングセットやカウンターボードを探していたとのこと。Y様邸の幅広のダイニングルームに合うサイズが既製品では見つからなかったそうです。テーブルはVigoreオリジナルデザインの『Eredita』を幅1550mm奥行き1000mmにてオーダー製作しました。お食事だけでなく、子供が宿題をしたりと様々な使い方をするとの事で大きめに。チェアは『やっぱり座り心地がいいね!』と言っていただいたVigoreオリジナルの「チェアCH-V」とサイドチェアとしてMKチェアをそれぞれ2脚づつご用意させていただきました。
キッチンとダイニングセットの間仕切りとして両面カウンターもオーダーいただきました。キッチン側にスライド扉の収納にして、限られた空間でも使いやすい構造でご提案。また上部には両面から使える引き出しをつけました。素材は経年変化で深い色合いになるブラックチェリー材を気に入っていただきました。納品時にご主人様が最初のブラックチェリーの色合いを忘れない為にとカメラで撮影。何年後かに見比べれば色合いの変化を確認し、より愛着が沸くことと思います。
Y様、この度は誠にありがとうございます。末永くご愛用くださいませ。
Detail
ブラックチェリー材で製作した両面カウンター。キッチン側は可動棚の収納。動線を塞がないように開閉がしやすいスライド扉で製作しました。
Detail
扉とダイニング側の前面は横方向の流れるようなブラックチェリー材の木目が楽しめます。扉前面も木目が通るように一枚の材料から木取りをしてありますので、経年変化後もチグハグな感じになりません。
Detail
お子様用に合わせやすいシンプルなMKチェア。素材はブラックチェリー材で統一。張地はチェリー材と相性の良いワイン系の合成皮革をセレクトしました。

Detail
Vigoreオリジナルチェア『CH-V』 熟練の職人が一人で作り上げます。笠木部分(背もたれ)は、職人が様々な鉋(かんな)を用い、削りだして製作しています。
Detail
経年変化していない初々しいブラックチェリー材の色目。これからY様のご家族の成長とともに味わい深い表情になっていきます。天板や脚部はすべて2mmRの面取りを施してあります。
Detail
天板の反り止めには高度な技術が求められる『吸い付き蟻桟』という工法を採用しています。長くご愛用していただく為に手間を惜しまず製作されています。

施工事例
施工事例 瀬戸市 Y様 施工例
お問合せ番号 sekou_512

PICKUP ITEM

チェア MK

PRICE: 35,100 円
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ