【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 名東区 I様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2013年11月4日
使用商品
『AUTHENTICITY FINE』 ソファ 「RB」・TVボード「Meridiana」・ギャッベ
テーブル「VG2」・チェア「LATTICE×2」・アームチェア「LATTICE×4」・ミラー「ORLO」・サイドテーブル「MS24」
ウォールナット材
カーテン
コメント
名東店より、名東区・I様邸にお届けしてまいりました。
I様はマンションへ購入を機にリビングダイニングの家具をご相談いただきました。
ご新居の図面をお持ちいただいたので、動線や有効スペースなども含めて家具のサイズやレイアウトなどをアドバイスさせていただきながら家具をご案内いたしました。
ソファで気に入っていただいたのは、「至高のソファ」のウッドフレームシリーズ「Arbelo」から、格子のデザインが美しい「RB」。
「至高のソファ」シリーズは妥協無く作った至福の掛心地が特徴ですが、お部屋でのレイアウトがリビングとダイニングを間仕切る形になるので、背面にも意匠性を持たせやすいウッドフレームの中から「RB」をセレクトされました。
ファブリックはウォールナットと相性が良く、大人っぽい雰囲気にできる深めのパープルをセレクト。替えカバーにはイメージを変えて深めのブルーでご用意。
ソファ前にはセンターテーブルを置かずにギャッベを敷き、ゆったり過ごせるリビングにしてあります。飲みのもやリモコン類などは、サイドテーブルで。
TVボードは、陰影の出やすいデザインやアンティークガラスを採用し上質な大人のための家具をイメージした「Meridiana(メリディアーナ)」を気に入られました。
I様のご要望にあわせて少し仕様変更を。中央の機器類収納部はお手持ちの機材にあわせて割付や内寸を設定し、足元の空間も小さくし見た目の安定感を少し強めに。
テーブルは少しモダンなイメージの「VG2」をセレクト。ご家族構成は4人ですが、ゆったり使えるように幅1,800で製作。
チェアは軽やかな格子のデザインが特徴の「LATTICE(ラティス)」をセレクト。縦の格子のイメージはソファ「Aria」との相性も良いです。普段ご家族で使うチェアは肘つきにし、来客用に肘なしタイプを2脚ご用意いたしました。ちょこんとした半アームデザインなので、肘を掛けて寛いでも過ごせるし、なおかつ出入りもしやすいのが特徴です。
I様のご要望で、カーテンも一緒にご提案させていただきました。

直線基調の少しクールな組み合わせですが、質感の良いもので揃えると適度な温かみがあり、居心地の良い上質な大人のリビングダイニングになったかと思います。
末永くご愛用くださいませ。
Detail
妥協無く作り、至福の掛心地が特徴の『AUTHENTICITY FINE』 。その中でも意匠性を持たせやすいのがウッドフレームシリーズの「ソファ RB」。I様が気に入られたのは、縦の格子が格調やリズムを感じさせる「RB)」。要所抜けたデザインで横顔や後姿も美しいソファは、LDを間仕切るように置くレイアウトにぴったりです。
Detail
ファブリックはウォールナットと相性が良く、大人っぽい雰囲気に出来る深めのパープルをセレクト。光沢のある糸を織り込んである生地なので、直線基調のデザインとの組み合わせで少しクールな雰囲気も出せます。「至高のソファ」はすべてフルカバーリングで製作しますが、I様は替えカバー用にと、イメージを変えて深いブルーのファブリックでもカバーをご用意されました。
Detail
TVボードは「Meridiana(メリディアーナ)」をセレクト。陰影を生みやすいデザインやアンティークガラス採用で、上質な大人向けをイメージしたTVボード。中央機器類収納部の割付や内寸はお手持ち機材に合わせて設定し、足元の空間を小さくして見た目の安定感を少し強く出すなど、I様のご要望に合わせて仕様を変更してあります。幅は少しゆったりめで、TVを置いたときのプロポーションが良いようにW2,000で製作。

Detail
ソファ前にはリビングテーブルを置かず、ギャッベを敷いてゆったり過ごせるように。胡坐をかいたり寝転んだりのフロアライフでも過ごしやすいスタイル。飲み物やリモコン類などの置き場が無いと不便なので、ソファ前にはサイドテーブルを合わせて。座面に差し込めるデザインなので、物を置く際に前傾にならずに済み、寛いで過ごすのに最適。新聞などを収納できる棚付きデザインです。
Detail
天板が少し浮いて見えるようにデザインした「VG2」。幕板をなくしたデザインなので高さの内寸もゆったり。足を組んで座っても窮屈でないし、肘付きのチェアを合わせたときも肘が干渉することなくきちんとテーブルにしまえます。4人家族ですが、ゆったり使えて来客にも対応できるよう、幅は少し広めの1,800にて。
Detail
軽やかな格子のデザインが特徴の「LATTICE」。普段家族が使う用に肘付きタイプを4脚にし、来客用には肘なし2脚をご用意。座面は板座タイプですが、お尻と太ももの形状に合わせて削りだす「座ぐり」加工がしてあるので、底付き感も出にくいです。ちょこんと肘を掛けられる半アームデザインは、寛いで過ごせて、なおかつ出入りもしやすいので便利です。

施工事例
施工事例 名東区 I様 施工例
お問合せ番号 sekou_528
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ