【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 守山区 T様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2013年11月13日
使用商品
『AUTHENTICITY FINE』 ソファ 「RB」
テーブル「BISCOTTE」・チェア「CH-V」・ベンチ「Am」・TVボード「UN」
ウォールナット材
チェア「CH-Cp」・チェア「MD」・デスクキャビネット
オーク/ウォールナット材
コメント
中川店より、守山区・T様邸へお届けしてまいりました。
T様はマンションご購入を機にリビングダイニングに置かれる家具をご相談いただきました。まずはお持ちいただいた図面をもとに3Dで家具の配置や大きさをご提案。次にT様邸のイメージに合う色目や材質の家具をご覧いただき、画面上でレイアウトを作成しました。他店にはないVigoreの家具たちを大変気に入っていただき、中でもご主人様のお目に留まったのは『AUTHENTICITY FINE』 ソファ 「RB」。熟練の木工職人によって作り上げた仕口や構造、ソファ職人によって妥協なく生み出された至福の掛け心地などをご説明すると、T様はさらにオリジナリティーを求められました。アーム部から前脚につながる部分の木目を通し、掛け心地に関する座面と背クッションのウレタンの比重をやや硬めに変更。座面は40+55kg/?に、背クッションは40kg/?のウレタンをフェザーで挟むサンドイッチ構造に。もちろんご要望どおりオーダーにて製作させていただきしました。光沢のあるグレーの織り生地をセレクトされ、上質なイメージに仕上がりました。
テレビボードは引き戸仕様の「UN」。扉部のみオーク材であわせたデザインが他とは違う雰囲気を醸し出しています。
ダイニングには北欧テイストなデザインのテーブル「BISCOTTE」を。口の字型の脚部と斜めに入った木部の意匠が「カッコイイ」とご主人、奥様の意見が一致。
チェアはご主人用にVigoreオリジナルデザインのチェア『CH-V』。いろいろな板座のチェアを座り比べて「このチェアが一番いい。」と選んでいただきました。奥様用にはチェア『CH-Cp』。柔らかな背当たり感と腰部にフィットする掛け心地を気に入っていただきました。片側にはベンチ『Am』をテーブルの脚間に納まる140サイズで製作。
リビングとつづきのお部屋になる洋室にはオーク材を主材としたデスクキャビネットにチェア『MD』でコーディネート。
全ての家具の天然木無垢材の温かみのある質感と、イメージ通りに仕上がったLDルームのコーディネートを大変喜んでいただきました。
T様、この度はVigoreの家具をお招きいただき誠にありがとうございました。末永くご愛用くださいませ。
Detail
背面の意匠が美しいウッドフレームソファ「RB」。無垢材をふんだんに使いながら、重々しさや圧迫感のない軽やかなデザインとなっています。角度を付けた背もたれの格子部は熟練の木工職人によるフィンガージョイントを施し、木目が通っています。
Detail
アームと前脚の接合部は材料の厚みを見せない「留め加工」にて合わせ、T様のこだわりでこちらも一本の無垢材から加工し、木目を通してあります。お選びいただいたグレーの織り生地はイタリアン生地独特の光沢のある風合いで、上品にコーディネートされました。
Detail
四角形を強調したデザインのテーブル「BISCOTTE」。華奢でありながらもデザインされた筋交い構造がしっかりと天板と脚を支えています。またロ型脚の内径の四隅の角に丸みをもたせているので優しい印象にもなります。

Detail
Vigoreオリジナルデザインのチェア「CH-V」。複雑な3次曲面形状は手仕事によるものですが、熟練の職人が削りだした笠木は背中の当たりも良いです。T様はこのチェアの堅牢さに一目ぼれしていただきました。
Detail
奥様に選んでいただいたチェア「CH-Cp」。背当たりの良い笠木部分のディテールは「曲げ木」の技術により成形されています。強度も高く、優れた加工です。後ろ脚と座面の接合部など良く見ると、随所に精度の高い加工技術が伺えます。
Detail
お子様と一緒に並んで使えるデスクキャビネットは幅が伸縮可能ですので、用途にあわせてお使いいただけます。可動式の棚板や引出し収納の容量もあり、デザインだけでなく多機能なところも特徴です。

施工事例
施工事例 守山区 T様 施工例
お問合せ番号 sekou_536
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ