【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 東区 N様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2013年11月30日
使用商品
至高のソファ『GRVA』3Pサイズ、オットマン
コメント
名東店より、東区・N様邸にお届けしてまいりました。
N様はご新築を機にソファのお買い替えでご相談いただきました。
いろいろお試しいただいた中でN様が気に入られたのは、「至高のソファ」シリーズから深めの奥行でゆったり寛げる「GRVA」。
現代のリビングでの過ごし方を考えると家族中心で他人の目を気にする必要もないので、寝転んだり胡坐をかいたりして過ごす方が多いのではないでしょうか?
元々ソファは「いかに快適に座るか」を考えて設計されるため、人体寸法や座位に適したサイズ・角度設定をしていくと奥行は900mm前後になってしまいますが、先に挙げたようなリラックスした過ごし方をするには少し窮屈な設定。
「GRVA」の一番の特徴は、1,100mmと深くとった奥行。現代のソファでの過ごし方に合わせた設定は、家族で寛いで過ごすのに最適です。
N様邸は、カウチソファのように足を伸ばしても過ごせるよう、オットマンを合わせて。幅は800mmとゆったりとり、奥行はコンパクトめの600mmで製作したので、お部屋の中で邪魔になりにくく、移動させるときは女性でも扱いやすいちょうど良いサイズ。
色味を抑えた大人っぽい落ち着いた雰囲気をご希望でしたので、ファブリックは小さな格子パターンで光沢のある糸を織り込んだグレーをベースに、ピロークッションをブラックで締める無彩色のコーディネートで。
レッグは内装のイメージに合わせてウォールナット材で、少しモダンなイメージの角テーパーデザインにて。
末永くご愛用くださいませ。
Detail
「GRVA」は、たっぷり取った深い奥行が特徴。寝転んだり胡坐をかいたり、家族中心でリラックスした姿勢で過ごす現代のリビングに最適な設定です。
Detail
「GRVA」の奥行は、1,100mm。写真のようにピロークッションを外せば、背の高いご主人が胡坐をかいても余裕のある深さ。

Detail
レッグの素材やデザインもお好みでセレクトいただけますが、N様邸はインテリアやファブリックのイメージに合わせてウォールナット材の角テーパーデザインで。

Detail
ファブリックは、光沢のある糸を織り込んだ細かい格子パターンのグレーの生地をベースに、ピロークッション部はマットな質感のブラックをアクセントに締めた無彩色のコーディネートに。
Detail
「至高のソファ」シリーズは、すべてフルカバーリング仕様で製作しているので、外してのお手入れが可能で、将来消耗した際の交換も容易。
Detail
カウチソファのように足を伸ばしても過ごせるよう、オットマンを合わせて。サイズは800×600mm。幅はゆったり持たせ、奥行はコンパクトに設定してあるので、お部屋で邪魔になりにくく、移動して補助椅子にする際も扱いやすいです。

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ