【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 稲沢市 I様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2014年4月26日
使用商品
『AUTHENTICITY FINE』 ソファ 「RE」
TVボード「CORRENTE(コレンテ)」
ブラックチェリー材
コメント
名東店より、稲沢市・I様邸にお届けしてまいりました。
I様はご新築を機にソファとTVボードをお探しでご来店。
当店のホームページでご覧になったTVボードやソファが気になり、ショップへ足をお運びいただいたそうです。
TVボードはシンプルながら存在感もある「CORRENTE(コレンテ)」を気に入られました。フラットな無垢板に細いスリットを刻んだ意匠は、中を丸見えにしないのでTV周りがすっきり見えます。スリット部分からリモコンの赤外線が抜ける仕組みのため、もちろん扉を閉めた状態で機器類を操作することが可能です。天板、扉、側面と露出する部分がすべて無垢材になっていますが、ぼってり見えないようにコーナーの仕舞いを「留(とめ)」にしたり、天板の下端を欠きこんでそこに扉を少しかぶせる納まりにしたり、ディテールに配慮してあるので野暮ったく見えず洗練されたイメージになっています。
ソファは『AUTHENTICITY FINE』 ソファ 「RE」気に入られました。
「RE」は手数の少ないシンプルなデザインですが、要所厚材を使ったり、組み方を工夫して意図的にボリュームを持たせたりして適度な重厚感をもたせてあるのでチープに見えず安心感のあるデザイン。
その他のモデルと比べると、後ろ脚にカットを入れたり、少し角度を持たせてパーツを接合したりしてボトムに向かってやや絞ったフォルムが特徴で、モダンで精悍な印象のソファです。
水平基調の後ろ姿はTVボードとの見た目の相性も良いです。
デザインは「RE」を気に入られましたが、掛け心地は同じシリーズの「RB」の設定がお好みでしたので、I様の好みに合わせてクッション部分は「RB」仕様でご用意。
木部素材はフローリングに合わせてブラックチェリーで、調和させるコーディネートにて。
対比を抑えた、穏やかで落ち着くリビングになりました。
末永くご愛用くださいませ。
Detail
ウッドフレームソファは側面や背面に意匠を入れやすく、要所抜けた軽やかな印象にできるのが特徴。「RE」の後ろ姿は水平基調のシンプルで安定感のあるデザイン。
Detail
手数の少ないシンプルなデザインですが、材料使いを工夫してチープに見えないよう工夫してあります。後ろ脚には8/4インチ厚材を採用し、地に足つけた安定感のあるイメージにしながら、あまり野暮ったく見えないようカットを入れてボトムに向かって絞ったフォルムにしてあります。
Detail
掛け心地にかかわる正面にはあまり大きく意匠を入れてありませんが、その分美しい木目の表情が活きるのかもしれません。掛け心地に関しては違うモデル「RB」の仕様を気に入られたので、クッション部分の仕様を変えてI様好みの設定で製作しました。

Detail
アームと前脚部分はフレーム剛性を持たせるため断面が「L字」になるようにパーツを接合し、鉄骨のウェブやハブのように歪みに強い構造にすると同時に、見た目のボリュームを出しやや重厚で精悍な印象にしています。
Detail
足を伸ばしてカウチソファみたいな過ごし方ができるよう、オットマンを合わせて。来客の際は補助椅子としても使えるので、意外に重宝するアイテム。ファブリックは、ざっくりしたテクスチャでミックス調のナチュラルなイメージのものをセレクト。
Detail
TVボードはシンプルながら存在感もある「CORRENTE(コレンテ)」を。フラットな板に細いスリットを刻んだ意匠で、中の機器類などを丸見えにしないのでTV周りをすっきり見せます。無垢材を多用したモデルですが、ディテールの仕舞いに配慮してあり、ぼってり見えず洗練されたイメージに仕上げてあります。

施工事例
施工事例 稲沢市 I様 施工例
お問合せ番号 sekou_606
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ