【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 中川区 M様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2014年6月15日
使用商品
「至高のソファ」 ウッドフレーム「Albero」シリーズ 『Ricco(リッコ)』
ウォールナット材
コメント
中川店より、中川区・M様邸へお届けしてまいりました。
M様は昨年末にご新居にお引越しの際、テレビボードやチェストをお求めいただいており、同時にソファもご検討されていましたが、実際にお部屋で生活をされてからサイズなどじっくり決定したいということでこの度、再度ご来店いただきました。
以前からウッドフレームのソファが気になっていたM様。耐久性やメンテナンス性、掛け心地などいろいろお試しいただき、最終的に選んでいただいたのは、「至高のソファ」ウッドフレームシリーズAlberoの中でもモダンなデザインの『Ricco(リッコ)』。ウォールナット材にて製作いたしました。座クッションのウレタンが40kg+55kg/㎥の複層構造で、やや硬めの座り心地をとても気に入っていただき、張り生地のイタリアンファブリックはリネンの組成が大きく肌触りの良いベージュ系を合わせられました。オフホワイトを基調としたナチュラルのフローリングとの相性がとても良かったです。
M様、この度は誠にありがとうございました。末永くご愛用くださいませ。
Detail
サイズはW1,800mmの3P。三人掛けとしてはややコンパクト設計のウッドフレームソファですが、ピロークッションを頭にして男性が横になっても十分寛いでいただける大きさです。
Detail
リビングの主役にふさわしい印象的な後姿。横方向のルーバーデザインの「Ricco」は掛けたときに最適な背座角をだしながら意匠としても美しい計算されたフォルムとなっています。
Detail
横顔も背面と繋がるルーバーがアクセントとなり、重々しくならずにすっきりとした印象に。フルカバーリングタイプでは表現できない繊細なデザイン性を持たせれれるのもウッドフレームの良いところ。

Detail
「Ricco」の最大の特徴でもある脚部は、水平・垂直方向にパーツが複雑に組み上げられたディテールで、精度が求められる難しい接合部は熟練の木工職人による技術と意匠が調和した上質なデザインとなっています。
Detail
ファブリックは肌触りが優しく、リネンの組成が大きなざっくりと織りあげたベージュ系色でウォールナット材のフレームに上品にあわせられました。背クッションには腰部をしっかりサポートしてくれる20kg/㎥のウレタンを内包しています。
Detail
左に見えるのは以前ご購入いただいたTVボード「CORRENTE」。ルーバーデザインの重厚で存在感のあるローボードともバランスよくコーディネートされ、お部屋にマッチしています。

施工事例
施工事例 中川区 M様 施工例
お問合せ番号 sekou_622
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ