【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 和歌山市 K様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2014年7月14日
使用商品
「至高のソファ」GRVA 3Pサイズ
コメント
名東店より、和歌山市・K様邸にお届けしてまいりました。
K様はご新築を機にソファをお探しでした。
こだわって建てる家なので家具もクオリティが高くかっこいいものをとのお考えで、東京や大阪などいろんなお店を見て回ったそうです。
当店はたまたまご覧になったホームページで知られたそうで、お問い合わせいただいたのが始まり。
遠方からショップまで足を運んでいただき掛け心地をお試しいただきました。
いろいろ座り比べていただきましたが、K様が気に入られたのは「至高のソファ」シリーズの「GRVA」。
「GRVA」は寝転んだり、足を上げたり、座面の上で寛ぐ現代のソファでの過ごし方に合わせた「深めの奥行」が特徴。
リビングは木質を中心にしながら、色味を抑えてかっこいい雰囲気にしたいとのご要望で、ファブリックは無彩色系からセレクト。簡素すぎてチープに見えるのも避けたかったので、上下張り分けるコンビ張りにしてソファ単体でも少しメリハリをつけて。
ご主人のご要望で、ピロークッションの一個をブラックにしてアクセントに。
末永くご愛用くださいませ。
Detail
「GRVA」は、寝転ぶ・胡坐をかくなど、家族中心で本当に寛いだスタイルで過ごす現代のリビングに合わせた設定。奥行をD1,100mmと深めの設定にすることで、従来どおり座ってもよし、ピロークッションを外して深く使ってもよしの設定にしてあります。
Detail
ピロークッションを外せばかなり深めの座面になるので、男性が胡坐をかいてもかなり余裕のあるサイズ。座面の有効面積だけでシングルサイズのマットレスぐらいのスペースがあるので、寝転んでもゆったりです。
Detail
レッグはお客様のご要望に合わせてご用意いたしますが、K様邸は木質中心のリビングだったので、ウォールナット材の角テーパーデザインのレッグを合わせて。

Detail
「至高のソファ」シリーズはすべてフルカバーリング仕様で製作しています。外してドライクリーニングでお手入れできますし、将来生地が消耗した際にはカバーのみの交換で長く付き合っていくことが可能です。
Detail
色味を抑えて格好良い雰囲気とのご要望でしたので、ファブリックは無彩色系で。単色で張ってチープに見えるのも避けたかったので、上下で張り分けるコンビ張りで。
Detail
ご主人のご要望で、ピロークッションの一個をブラックにしてアクセントに。受注生産で一から丁寧に製作していく「至高のソファ」は、こういった細かい部分もお客様のご要望にお応えできるのが良いところです。

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ