【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
ギャッベフェア
HIRASHIMA製品値上げについて

施工例

ホーム > 施工例 > 中村区 T様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2015年2月11日
使用商品
『AUTHENTICITY FINE』 ソファ 「RE」3Pサイズ ウォールナット材
コメント
中川店より、中村区・T様邸へお届けしてまいりました。
T様は以前ウォールナット材のテレビボードをお求めいただいており、今回はソファをご検討でご相談いただきました。床材やテレビボード、隣り合うお手持ちのウォールナット材のダイニングセットなどと素材をあわせたウッドフレームソファが良いのか、それともウッドフレームではなくカバーリングタイプの張りぐるみソファの方がお部屋の雰囲気に馴染むのではと悩んでみえました。
Vigoreの「至高のソファ」シリーズはすべてカバーリングタイプでお手入れやファブリックの着せ替えが可能。T様は季節によってカバーを掛け変えてインテリアを楽しみたいとのことで、より気軽に掛け替えが可能な『AUTHENTICITY FINE』 ソファ 「RE」のデザインと掛け心地を気に入っていただきました。「RE」は水平ラインを強調した後姿で、ややコシのあるホールド性に優れた掛け心地が特徴です。
ご注文からお届けまで少々お時間をいただきましたが「楽しみに待っていましたよ。」と、ご夫妻そろって暖かくお迎えいただきました。
T様、この度は誠にありがとうございました。末永くご愛用くださいませ。
Detail
ウッドフレームソファの特徴は背面や側面にも意匠を入れられるところ。また、要所に抜け感のあるデザインは圧迫感もなく、お部屋全体を広く明るくしてくれます。
Detail
前脚は床面に対して垂直に伸びていますが、アームと座面の幕板は寛ぐ姿勢に丁度良い傾斜をとり自然にリラックスできる角度となっています。
Detail
アームと前脚の内側には強度を待たせるため貫が入れられています。同一の面に合わせることで座る側から見ると力強く、ボリュームのあるデザインになっています。

Detail
後ろ脚には8/4インチ厚材を使用しています。ボトムに向かうほど細くなるテーパー加工や、複雑な組継ぎによる繊細なフォルムは重々しくならないよう意匠性にも配慮があります。
Detail
背クッションを外した様子。フレームは最高等級の「FAS」グレードから厳選された材を使用。熟練の木工職人の手でソファに最適な背座角を付けて組み上げられています。
Detail
張地はイタリア製の上質なファブリック。ホワイトとブラックの中にブラウンの糸を織り交ぜざっくりとした仕上のチェーッカー柄をセレクト。肌触りもとても優しいです。

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ