【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
ギャッベフェア
HIRASHIMA製品値上げについて

施工例

ホーム > 施工例 > 天白区 K様 施工例②
VIGORE 施工事例
施工日
2015年2月18日
使用商品
ダイニングテーブル「ARC-R」・チェア 「PR」・アームチェア 「OM」・スツール 「TP」・ウォールナット材・アームチェア 「RIN」・アームチェア 「SL」ブラックチェリー材・サイドボード・ベッドフレーム ウォールナット材・マットレス
コメント
~ダイニング・寝室編~
中川店より、天白区・K様邸へお届けしてまいりました。
ご家族のご紹介でご来店されたK様。ご新築を機にリビングダイニングの家具をお探しでご相談いただきました。設計段階での図面をもとに、間取りや寸法を確認しフロアー・建具の素材、色目などをお伺い。生活導線を確保した家具のサイズ、ご家族のライフスタイルにあわせてのレイアウトやイメージづくりの基本となる家具の素材、カラーなどをご案内いたしました。
ダイニングテーブルは丸みを持たせた変形の天板形状が柔らかな印象を与える「ARC(アーク)」を選んでいただきました。初めは素材感を全面に押し出した重厚なデザインのテーブルをご覧になられていましたが、奥様のイメージには優しいフォルムの方が合うのではとご家族からの意見もあり、ご本人も納得。多人数でも囲めるよう奥行き方向も広くデザインされている為レイアウトに多少の不安がありましたが、ご来店いただく前の設計打ち合わせでダイニングのスペースを広くとれるよう変更されていて、まるで「ARC」との出会いを予見されていたかのようでした。
チェアはそれぞれマイチェアコーディネートで自身の体にあわせてセレクト。単調なイメージにならないよう対面でフレームの素材を変えたり、座面の張地で挿し色となるカラーを選んで個性的な空間に。
寝室にはウォールナット材の無垢材フレームベッドを。ヘッドボードは木目を通して制作し、一体感を持たせました。マットレスは特殊なスプリング形状で常に最良な寝姿勢をサポートする「アワーグラスⅠ」。表面には最適な温度を維持しようと働く温度調節生地を採用した理想的なポケットコイルマットレスです。
K様、この度はVigoreの家具をお迎えいただき、また撮影にご協力いただきまして誠にありがとうございました。末永くご愛用くださいませ。
Detail
最高等級の「FAS」グレードから厳選されたブラックウォールナットの無垢材。木工を熟知した目利きの職人によって選別されています。ただ良い材料を使えば上質な雰囲気を出せるわけではなく、仕分けの時点でしっかりと仕上がりがイメージできなければ美しい木目のテーブルを制作することはできません。
Detail
天板と脚部の木口は船底型の形状に加工し角のない柔らかなフォルムとなっています。90°のコーナ部分もR加工が施されており、安全・安心なデザイン。また、天板の剥ぎ面はフィンガージョイントという工法で接合されており、平面での接合よりも接着面積を広くすることで強度を高めています。
Detail
天板と脚部の接合はボルト固定されたスチールプレートでジョイント。天板裏の奥行き方向にはスチール製のプレートを埋め込み材の反りや暴れを抑制しています。長手方向に通して入れられた貫は脚部を貫通する構造でしっかりと強度を持たせてあります。

Detail
リビング側には無垢材を削り出し柔らかなカーブを描く背もたれが特徴のアームチェア「OM」(左)と、ちょっと肘がかけられるチェア「PR」を。どちらも幅を広く持たせた設定ですので男性が座ってもゆったり過ごせます。フレームはウォールナット材、挿し色で鮮やかなレッドのファブリックをセレクト。
Detail
対面には凛としたプロポーションのアームチェア「RIN」(右)と、細身で丸みを帯びたフレームが親しみやすい「SL」。布バネを採用しクッション性を持たせた「RIN」の座り心地とは対照的に「SL」は板座をセレクト。ともにブラックチェリー材で。その日の気分で座るチェアを変えるのも楽しみ方の一つです。
Detail
寝室には天然木無垢材フレームのベッド。ヘッドボードは一本の材から木取りし木目を繋げて制作。細かな配慮によって一体感が生まれます。マットレスは特殊なスプリングが身体の動きに瞬時に反応し最良の寝姿勢をサポートしてくれる理想的なポケットコイルタイプを。温度調節生地との組み合わせで快適さを追求したマットレスです。

施工事例
施工事例 天白区 K様 施工例②
お問合せ番号 sekou_698

PICKUP ITEM

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ