【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 尾張旭市 A様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2015年5月23
使用商品
ソファ「AUTHENTICITY」(オーセンティシティ)『C』 ブラックチェリー材
コメント
名東店より、尾張旭市・A様邸にお届けしてまいりました。
A様はソファのお買い替えでご来店。
お手持ちのソファは6年ほどお使いになったそうですが、部屋に対して大きすぎるので生活動線が細くなってしまっていたり、ウレタンなどが消耗して掛け心地が悪くなり座らなくなったりしていたため、お買い替えを検討。
いろいろお試しいただいた結果、A様が気に入られたのは「AUTHENTICITY(オーセンティシティ)」シリーズの「C」。
「C」は軽やかなイメージのデザインとコンパクトなサイズが特徴。
「AUTHENTICITY」シリーズは8/4インチの厚材を使って製作していますが、他のモデルたちが材を「板」のまま使い面で構成するイメージなのに対し、「C」は角材状に加工した「線」で構成されるイメージ。元々細身に見えるデザインに加え、余白を大きく取ることで軽快な印象を持つモデルです。アーム幅はわずか40mmなので、コンパクトなサイズでも実際に座る内寸はゆったり確保できています。
間取りに合わせてややコンパクトなサイズにしたいとのことで、2Pサイズでご用意。素材はフローリングに調和させるよう、ブラックチェリーをセレクト。
ファブリックはコーディネートしやすい無彩色系のなかから、やや濃いめのグレーで。
末永くご愛用くださいませ。
Detail
「AUTHENTICITY」のモデル「C」は、細身で余白を大きく取ったデザインが軽やかなイメージなのが特徴。二重のフレーム状のデザインが適度な意匠となり、リビングとダイニングを間仕切るようなレイアウトになっても、見た目が美しくインテリア性の高いソファと言えます。
Detail
アーム部分の拡大。接合には、材を斜め45度にカットして合わせる「留(とめ)」の納まり。材の厚みが表に露出しないので見た目もすっきりで、単純にかぶせる組み方よりも接着面積が大きくなるので強度も出せます。
Detail
外観は直角を意識した角張ったイメージですが、掛け心地に関する部分はきちんと配慮してあります。画像は背もたれのクッションが当たる部分の拡大ですが、ソファに最適な角度になるようカットをいれながら、フレームの当たりが強く出ないような形状に加工してあります。

Detail
足元はやや大きく立ち上げたデザイン。フローリングの露出が多くなる分、圧迫感も軽減できますし、掃除機のノズルやフローリングモップも通しやすいのでお掃除もしやすいです。最近普及してきたロボット掃除機「ルンバ」なども通れる設定にしてあります。
Detail
座面のウレタンにはやや比重の高い55kg/立米のフォームをメインにし、少しコシのあるタッチに。背クッションやピロークッション、また座面のトップにはスモールフェザーを充填してあるので、ふわっと優しく包み込む掛け心地。また本体ボトムにはトランポリンのようにクッション性を持たせてあるので、優しく受けてしっかり支える理想の掛け心地です。
Detail
ファブリックはコーディネートしやすい無彩色系のなかから、やや濃いめのグレーをセレクト。単色のプレーンなイメージではなく、ややミックス調の生地なので汚れがついても目立ちにくく、質感良く見えるところも気に入られました。「オーセンティシティ」シリーズはフルカバーリング仕様で製作してあるので、外してドライクリーニングでお手入れもできますし、将来的に消耗した際もカバーのみの交換が可能です。

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ