【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。

施工例

ホーム > 施工例 > 千種区 S様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2015年10月28日
使用商品
『AUTHENTICITY FINE』 ソファ 「RB」
ウォールナット材
コメント
中川店より、千種区・S様邸へお届けしてまいりました。
S様は新築マンションへのお引越しを機にソファをお探しでご来店いただきました。
お部屋選びの基準となったのはご婚礼時に購入された素敵なカップボードを置けるお部屋。間取りや家具のレイアウトで随分と悩まれたそうで、ソファはコンパクトなサイズでとのご要望でした。店内のソファをすべて掛け比べ、気に入っていただいたのは「至高のソファ」シリーズより、『Bobina』と『Decimo』。後日再度ご来店いただいた際に「多くの家具店やインテリアショップでいろいろ試してきましたが、やっぱりVigoreのソファがいちばん掛け心地が良く、クオリティが高い。」と嬉しいお言葉をいただきました。
最終的に選んでいただいたのは張りぐるみタイプのソファに比べお部屋での圧迫感をより軽減できるウッドフレームAlberoシリーズ『Aria(アリア)』。ご主人・奥様ともにしっかり座りたいとのご要望でしたので背クッション、座クッションともコシのある掛け心地の「Bobina」仕様でオーダー制作いたしました。
お届け時にはとても満足なご様子で、「このソファにして本当に良かった。」と、S様オリジナル仕様の掛け心地を大変喜んでいただきました。
S様、この度は誠にありがとうございました。末永くご愛用くださいませ。
Detail
側面や背面から見たときの意匠性はウッドフレームソファの特徴のひとつ。要所に抜け感のある縦格子パターンのデザインは空間に広がりをもたらします。
Detail
リズミカルに並んだ背面の格子部分は1本の材から加工し、ソファに最適な背座角を付けて「フィンガージョイント」という工法で接合しています。
Detail
前脚とアームは木口を見せない「留め加工」で接合しています。また、2重のフレーム構造を採用することでさらに強度を高めています。

Detail
デザインやクッションサイズは「RB」のまま、別注仕様で背クッション・座クッションともにウレタン比重を「VGR」の掛け心地に近づけるよう調整しました。
Detail
座面には密度の異なる高密度ウレタン3層の複層構造。背クッションの内部には「腰部サポートウレタン」に加え、背中全体の支持性を強くしたより安心感のあるホールド構造を採用しています。
Detail
ファブリックはコットンとリネンのみの組成で肌触りのやさしいホワイトをセレクト。淡い色合いで汚れを気にさせていましたがカバーリングタイプですのでお手入れ可能です。

施工事例
施工事例 千種区 S様 施工例
お問合せ番号 sekou_766
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ