【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
期間限定、送料無料キャンペーン

施工例

ホーム > 施工例 > 愛西市 G様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2016年4月21日
使用商品
至高のソファ「VGR」カウチタイプ+オットマン
TVボード「CORRENTE」・サイドボード「CORRENTE」
ブラックチェリー材
コメント
中川店より、愛西市・G様邸へお届けしてまいりました。
ご自宅の一室をリフォームされ、家具の買い替えをご検討でご来店くださいましたG様。なかでも素材にこだわり、天然木を使ったTVボードをいろいろと探し回られた結果、素材感やクオリティで納得ができるものがなかったとのことでした。そんなG様の目にとまったのは天然木無垢材を惜しげもなく使用した重厚なTVボード「CORRENNTE(コレンテ)」でした。「CORRENTE」は見た目の美しさだけでなく、堅牢な作りによって独特の雰囲気・素材感を楽しめるデザインです。シリーズでサイドボードとあわせて展示がしてあっため、「これならばお揃いで置いたら統一感もあっていいわ。」と、ご納得いただけました。
ソファは「至高のソファ」シリーズより、『VGR』カウチタイプをオットマンとあわせて。当初ソファは目的ではなかったG様でしたが、「これくらいの大きさのソファで気に入るのないかな。」と、何気なく座られたのが「VGR」でした。有名メーカーのソファや専門店でもお試しになられたそうですが、どれも掛け心地に納得できず、どこを探せばいいのかと困惑されたご様子でしたが、「至高のソファ」シリーズの掛け心地の良さ、使用している素材、機能美を兼ね備えたデザインを大変気に入っていただけました。
お届け時には「やっぱりいいね!家族も楽しみにしているの。」と、おっしゃってくださり、あらためてVigoreの家具にご納得いただけたことを大変嬉しく思います。
G様。この度は誠にありがとうございました。ご家族のご成長とともに末永くご愛用くださいませ。
Detail
TVボード「CORRENTE」は無垢材のパネルに横方向の細い溝(スリット)を入れたデザインが特徴で、どこから見ても美しいデザインになっています。ブラックチェリー材特有の経年変化により味わい深さが増してくるのも魅力です。
Detail
前板から側面にかけて留め加工で無垢材が廻っています。収納部分はスライド引出しタイプで製作。上段にDVD・BDなど機器類の収納スペースで、下段の引出しにはアルミトレーが付属しているのでソフト類を収納できます。
Detail
TVボードとデザインを合わせて製作したサイドボードは圧迫感を抑えるため、H750mmに。壁面に馴染み過ぎないよう、あえてブラックチェリー材を選んだことで重厚さを主張し過ぎず程よい存在感で空間にとけ込んでいます。

Detail
上段にはインナートレー付きの引出しで小物などを仕分けして収納。下段には現在メンテナンス調整に出されているアンティークのAVアンプを収納されるということで、取り外しができる可動棚の仕様にしてあります。
Detail
ソファはVigoreでのお客様ニーズを反映させたモデル「VGR」をカウチスタイルで設置。たっぷりと充填されたスモールフェザーと高密ウレタンを独自に積層したクッション性、背・座角など日本人の身体に合うようきちんと計算されています。
Detail
後ろ脚部分のコーナーファスナー。至高のソファシリーズは全モデル「フルカバーリングシステム」を採用していますのでドライクリーニングでのお手入れや将来的にカバーの掛け替えも気軽にご自宅で行えます。

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ