【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。

施工例

ホーム > 施工例 > いなべ市 O様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2016年6月4日
納入製品
ダイニングテーブル「Diesare(ディエザーレ)」
チェア「CH-V」
チェア「PK」
ブラックチェリー材
サイドテーブル PR ウォールナット材
コメント
名東店より、いなべ市・O様邸へお届けしてまいりました。
O様はご主人のご実家の築50年の古民家をリフォームするにあたり、ダイニングセットをお探しで名東店にご来店いただきました。
築50年といっても太いケヤキの柱を使ったO様邸は現代の家にはない魅力があります。天然木をふんだんに使った古民家ですので、家とともに長く使える無垢材の家具をお選びいただきました。
ダイニングルームはブラックチェリー材のフローリングにされていたので、ダイニングテーブルも同じブラックチェリー材で制作しました。
モデルは、Vigoreオリジナル『Diesare(ディエザーレ)』の170㎝サイズ。テーブルを設置するとO様夫妻は、『きれいな木目ですね!』と嬉しそうに眺めていました。『Diesare(ディエザーレ)』に使用されるブラックチェリー材は、FASランクという最高等級から更に職人が木を厳選して制作しています。
チェアは、ご夫婦ともに気に入っていただいたVigoreオリジナルのチェア『CH-V』とちょこんと突き出たアームが特徴のチェア『PK』を2脚づつお選びいただきました。
またリビングにはタイルを貼った壁面にTVボード『GRATA(グラータ)』の180㎝サイズ。こちらもブラックチェリー材にて制作しました。
今では考えられないほど贅沢な材料で作られたO様邸。良い材料で作られた物は、時が経つほどに味わい深くよりよい表情が出ることを再認識させていただきました。
O様、この度は誠にありがとうございました。末永くご愛用くださいませ。
Detail
テレビボードは、中が見えないルーバーデザインの『GRATA(グラータ)』。サイズは壁面サイズに合わせて180cmサイズです。畳の自然な色合いとブラックチェリー材の相性もとてもよく上質な空間になりました。
Detail
サイドテーブルは、カンチィレバー(片持ち構造)のデザインが特徴の『PR』。椅子を制作する技術が必要な構造です。ありそうでないサイドテーブルです。
Detail
まだまだ生まれたてのブラックチェリー材の色味。これからどんどん深い赤褐色へと経年変化していきます。O様邸の歴史とともに味わい深いテーブルになって愛着のもてる道具になっていくことと思います。

Detail
板座のチェア『CH-V』は、Vigoreの考えを形にしたオリジナルチェアです。笠木(背もたれ)部分は、厚い無垢材を職人が丹念に削り出して制作しています。シャープすぎず、武骨すぎない絶妙のバランスのチェアです。
Detail
鳥のくちばしのようにちょこんと突き出たアームが特徴のチェア『PK』
出入りもしやすい設計になっています。座面も広めですので男性でもゆったりと掛けることができます。
Detail
脚部は2枚の無垢材を45度で削りだして接合する留加工で制作してあります。どちらの方向から見ても継ぎ目のない綺麗な木目が楽しめます。また天板と脚部の角はアール加工が施してあります。

施工事例
施工事例 いなべ市 O様 施工例
お問合せ番号 sekou_839

PICKUP ITEM

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ