【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
ギャッベフェア
HIRASHIMA製品値上げについて

施工例

ホーム > 施工例 > 恵那市 A様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2017年6月21日
納入製品
ダイニングテーブル Eredita(エレディータ)W2200サイズ
セミアームチェア PK×6
TVボード CORRENTE(コレンテ)
素材はすべてウォールナット材
コメント

名東店より、恵那市 A様邸へお届けしてまいりました。

A様はホームページでVigoreを知っていただきご来店いただきました。
工務店を経営されているA様はショールームと兼用できるようにご自宅をリフォームされて広いLDルームには、お客様との打ち合わせでも活躍する幅2200mmの大きなウォールナット材のダイニングテーブル。40mm厚の無垢材を使用していますので2200mmの大きな天板ともバランスがとても良いです。チェアは肘も掛けられ、出入りもしやすいセミアームチェアPKを6脚。ウォールナット材にアイボリーの張地が際立ち、上質感が漂う空間になりました。
またテレビボードは無垢材をふんだんに使用したCORRENTE(コレンテ)。側面にも前扉同様の格子デザインが施されており流れるようなデザイン。A様邸のようにTVボードの側面が見えるレイアウトにはもってこいのデザインです。当初2100mmタイプをお選びでしたが後日2380mmタイプに変更。納品してみると納得。それ大が正解で広いLDルームにぴったりのサイズ感。家を熟知したA様ならではのコーディネートになりました。
A様、この度は誠にありがとうございます。末永くご愛用くださいませ。

Detail
LDルーム全体をウォールナット材とブラック系のカラーで統一したシックでモダンな空間。テーブル幅は2200mmありますので大きめのチェアを3脚並べてもゆったりとしています。
Detail
チェアはちょこんと突き出したアームが特徴的なPK。寛ぐ際にも楽ですし、出入りもしやすい設計になっています。張地はアイボリーでウォールナット材とコントラストの効いたコーディネート。
Detail
ダイニングテーブルEredita(エレディータ)は幕板のないデザインですので、チェアのアーム部分も天板下に綺麗に収まる設計になっています。

Detail
TVボードは幅2380mmのCORRENTE(コレンテ)。昨今テレビの大型化に伴い、TVボードのサイズも大きくなってきています。幅2380mmであれば65型などの大型テレビを置いてもバランスが良く綺麗な出で立ちとなります。
Detail
内部は機器類収納部とインナー引出しに分かれており、使いやすい設計。A様は上段の背板開口部の寸法に合わせてコンセント位置を決められたの配線の取り回しもしやすいようになっています。
Detail
TVボードCORRENTE(コレンテ)は正面から側面へと流れるような格子デザインが特徴です。前面・側面・天板すべてに無垢材を使用しており圧倒的な存在感
持っています。

施工事例
施工事例 恵那市 A様 施工例
お問合せ番号 sekou_961

PICKUP ITEM

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ