【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 守山区 Y様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2017年7月8日
納入製品
3Pソファ 「AUTHENTICITY(オーセンティシティ)」BⅡ、Zサイドテーブル、ブラックチェリー材
コメント

名東店より、守山区・Y様邸へお届けしてまいりました。

Y様はご新築を機にソファのお買い替えでご来店いただきました。

いろいろご覧いただいたなかでY様が気に入られたモデルは「AUTHENTICITY(オーセンティシティ)」の「BⅡ」。
「AUTHENTICITY」には一般的に家具用材として使われるものよりも分厚い「8/4インチ」製材が用いられますが、NHLA(全米広葉樹製材協会)が定める等級で最高位となる「FAS」からさらに「AUTHENTICITY」用に吟味した希少な材料で作られています。「BⅡ」は背中が印象的なデザインですが、格子は一枚の板を一旦カットし角度をつけて再びフィンガー加工で強固に接合する方法を採用しています。そのため、格子はすべて木目がきちんと通り、休息に適した角度設定になっています。正面から見たときの印象を決める前脚とアーム部分は木取りにも配慮されています。一枚の板から切り出したものを接合部あたりで一旦カットし、互いの木口を斜めにカットして再度組むことで、まるで板を折り曲げたように木目がきちんと通った見た目になっています。一見すると大胆なデザインですが、パーツにはわずかにカットが入れてあったり、わずかに角度を持たせた接合になっていたり、良く見るとディテールは繊細だったりします。

印象的なデザイン性の「AUTHENTICITY」ですが、一般的なウッドフレームソファと決定的に違うのは、掛け心地にもきちんとこだわっているところです。長く安定した掛け心地になるよう座面には比重の高いウレタンを採用。市販のソファには20~30kg/㎥の密度のフォームが使われるのに対し、「AUTHENTICITY」はメイン層に55kg/㎥の高密ウレタンを使用し密度の異なるフォームを積層し複層構造に。座面のトップにはハンガリー産のスモールフェザーを使い「ふわっ」と優しく受け止めるタッチに。一般的によく使われるポリエステル綿などと違い、ずっと使い続けても嵩が戻る「復元性」の高さも特長です。本体のボトムには弾性の高いエラスティックベルトを格子状に高密に配し、トランポリンのようにクッション性を持たせています。
生地は約400種類からセレクトできますが、いろいろご覧いただいた結果爽やかなイメージのブルーのファブリックをお選びに。「AUTHENTICITY」はフルカバーリング仕様で製作してあるので、汚れたら外してドライクリーニングでお手入れできますし、擦れたり消耗した際にはカバーのみの交換が可能です。背や座のウレタンもフェザーバッグの中に格納する方式にしてあるので、パーツのみでの交換ができます。素材は構造を吟味し、消耗パーツを交換しやすい仕様にすることで使い捨てではなく長く付き合えるようにしています。リモコンや飲み物などを小脇に置くのにちょうど良い「Zサイドテーブル」も合わせてご用意いたしました。
木部素材はフローリングに合わせてブラックチェリー材にて。

末永くご愛用くださいませ。

Detail
「AUTHENTICITY」の「BⅡ」は背中の格子が印象的なデザイン。格子はすべて一枚の板を一旦カットしてから角度を持たせて再接合する方法をとっているので、木目をきちんと通しながら休息に適した角度設定になっています。上は折り返したようなフォルムになっていますが、接合には伝統的な木工の仕口から「大蟻組」が用いられています。
Detail
背面の格子が印象的なデザインですが、正面から見た際のポイントとなるアームにも配慮が。8/4インチの厚材を使いながらもぼってり見えないよう前脚はボトムに向かって少し絞ったフォルムで。写真では分かりづらいですが、アームと前脚の木端側にはわずかにカットを入れてあり陰影がくっきり出て立体感が出るようディテールにもこだわりが。
Detail
「AUTHENTICITY」に使われる製材は8/4インチもの厚材。一般的に家具用材で使われる材の約1.6倍の厚みがあるので適度にボリュームが出てチープに見えることもありません。写真はアームと前脚の接合部ですが、互いの木口を斜めにカットし合わせる「留(とめ)」の納まり。正面や上から見た際に材の厚みが露出しないので、分厚い材を使いながらも重々しくなくすっきり見えます。

Detail
アームと前脚接合部の拡大。実は木取りにも配慮してあり、もともとアームと前脚は一枚の板から切り出されています。木取りに配慮し、接合部を前述の留加工とすることで木目を通した見た目にできますが、製品が纏うオーラのようなものはこういったディテールからにじみ出ているのかもしれません。
Detail
ファブリックは涼しげなブルーの生地をセレクト。表面はやや凹凸があるテクスチャで陰影が出るので立体感があり、良く見るとグリーンやブルーが混在する生地なので照明環境などで表情を変える面白いファブリックです。フルカバーリング仕様で製作してあるので、汚れたら外してドライクリーニングでお手入れできますし、消耗した際はカバーだけで交換できるので長く付き合えます。
Detail
ソファ前にはZ型のサイドテーブルを。ソファ周りでよく置きたいものはリモコンや飲み物ですが、これぐらいの面積があれば十分ですし、片持ち構造で座面に差し込めるので物を置く際にいちいち前かがみにならなくて済むので寛いで過ごすにはちょうど良いアイテムと言えます。

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ