【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
ギャッベフェア
HIRASHIMA製品値上げについて

施工例

ホーム > 施工例 > 中区 T様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2017年11月18日
納入製品
オーダーテレビボード
ブラックチェリー材
コメント
中川店より、中区・T様邸へお届けしてまいりました。
T様はご新築を機にお手持ちのAV機器サイズに合わせてオーダー制作できるテレビボードをお探しでご来店下さいました。
きっかけは当店HPの施工例をご覧になり、ご要望に合わせたオリジナル家具が簡単に形になっていくところを気に入られ、ご相談くださいました。既製品では収納したい機器類がうまく納まらなかったり、配線ルートの確保など細かな部分までの指定ができなかったりと不具合が多いのが実状。また、T様は他店でパーツを組み合わせるユニットタイプのTVボードを提案されたようですが一つひとつの価格設定が高く、全体でかなりの高額になってしまったとの事でした。
TVボードの全体サイズや収納部の内寸など骨格となるカタチはイメージが固まっており、電源の位置や配線ルート、背面の空気孔など細かい部分のご要望を掘り下げてお伺い。後日、基本図面をもとに配線モールのサイズなどを確認して台輪の高さと位置を修正。素材はお部屋全体の色味や雰囲気に合わせてブラックチェリー材でご用意いたしました。
Vigoreのオーダー家具を手掛ける工房の職人は規格設計されたものを量産するのではなく、毎回違った形のものづくりが基本となっています。店頭に展示してある商品はカスタマイズしてもお客様にイメージしていただきやすいカタチでの設計を心がけており、仕様や内容によるお見積りとしていますのでご納得いただきやすくなっています。
T様、この度は撮影にご協力いただき誠にありがとうございました。末永くご愛用くださいませ。
Detail
デザインの基本となったのはVigoreオリジナル「Legs」。AVアンプのサイズをベースとし、W1,530×D600×H515mmの台輪タイプで製作。素材はブラックチェリー材、仕上げはウレタン塗装にて。
Detail
向かって右側は上下に分かれた引出し収納で、周辺の小物類の整理に便利です。内部は調湿性に優れた桐材を採用し、「四方蟻組み」・「ベタ底」など伝統的に伝わる工法を用い堅牢な作りとなっています。
Detail
壁面巾木とTVボード本体、台輪部分の納まり。スピーカー配線用のモールを巾木上に設置されるということで台輪高さをモールサイズ分高くしています。こうすることで配線が背面に隠れてすっきり見せられます。

Detail
テレビや機器類の設置が完了した様子。ウーハーやタワースピーカーをサイドに設置するスペースをあらかじめ計算してTVボードのサイズを設定しています。
Detail
内部の納まりです。今までご使用されていたレイアウトを大きく変えずT様のイメージされた通り、アンプやセンタースピーカー、ゲーム機がきれいに収納されています。
Detail
背面は開口ではなく空気孔を利用した配線ルートに。妻板や棚板は後ろを少し控えた設計で上下左右の配線の行き来が自由にできます。画像からはわかりにくいですが下段にOAタップを設置して電源は1箇所にまとめてあります。

施工事例
施工事例 中区 T様 施工例
お問合せ番号 sekou_995
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ