【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 日進市 I様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2018年6月30日
納入製品
テレビボード「LINE(ライン)」
サイドテーブル「BJ」
ブラックチェリー材
コメント
中川店より、日進市・I様邸へお届けしてまいりました。
I様は新築マンションへのお引っ越しを機に、テレビボードとサイドテーブルをお探しでご来店下さいました。
数あるショップ展示の中から気に入っていただいたのは、シンプルなデザインでありながら天然木の素材感を楽しめる「LINE(ライン)」。壁面コンセント位置の関係でTVボードの背面を配線が通る仕様にされたいとの事でしたので台輪の奥行きを控え、さらに巾木避けのため天板奥行きを10mm壁面側へ延ばすご提案をさせていただきました。素材は経年で味わい深い飴色に変化するブラックチェリー材をセレクト。ブロンズカラーのスリットガラスとの組み合わせです。サイズは設置される間口の左右に程よい空間を持たせW2,200mmで制作。
サイドテーブルは当初丸みのあるものでと奥様のご要望がありましたが、片持ちデザインで2WAY使用も可能なVigoreオリジナルの「BJ」をお選びいただきました。
ご注文いただいた翌日にはEV寸法や搬入経路をご確認下さり、大型のTVボードもスムーズにお届けさせていただくことができました。
I様、この度は誠にありがとうございました。末永くご愛用くださいませ。
Detail
中央上段に機器設置スペース、下段は引き出し収納で左右は上下2段の収納となっています。オリジナルデザインのTVボード「LINE(ライン)」は前板の分割位置や引出しのレイアウトなどお好みのバランスでご指定いただけます。
Detail
幅方向に木目が通った前板はすっきりした見た目となり。上質な天然木をさらに引き立てる効果があります。スリット部にはやや透過性のあるブロンズカラーのガラスをセレクト。機器の電源が入っているかなどの発光は確認できます。
Detail
前板はしっかりと厚みのある無垢材を。引き出し内部は桐材を使用し古くから伝統的に伝わる四方蟻組み・ベタ底の工法を用い堅牢な作りとなっています。上下で深さが異なるのでリビング周りの小物類の整理に便利です。

Detail
天板の壁面側には配線用の切り欠きを。見えないですが本体の地板にも同じく切り欠きをしているので配線類はここを通り床まで抜けていきます。また、切り欠きではなくステンレスの配線孔キャップもお選びいただけます。
Detail
奥行き方向に天板を10mm延ばすことで巾木の厚みを避けられ、壁面にぴったり納まっています。画像ではわかりにくいですが配線は台輪と壁面巾木の間を通れるようになっているのでTVボード背面にコンセントが無くてもすっきりまとめることができます。
Detail
サイドテーブル「BJ」は片持ちデザインですのでソファに差し込むように使用でき、リモコンや飲み物などを手元に置くことができます。また、上下の板の長さを揃えて制作しているので画像の正面部分を天板としてもご使用いただけます。

施工事例
施工事例 日進市 I様 施工例
お問合せ番号 sekou_1041

PICKUP ITEM

TVボード LINE(ライン)

PRICE: 215,600~321,200 円

TVボード LINE LEGS(ラインレッグス)

PRICE: 242,000~310,200 円
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ