【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 名東区 T様 施工例③
VIGORE 施工事例
施工日
2019年2月24日
納入製品
テレビボード Fede(フェーデ) ブラックチェリー材
オーダーデスク&収納ボード ブラックチェリー材
アームチェア CH-S ウォールナット材
コメント

名東区・T様邸施工例 ③
第三弾は2Fのセカンドリビングルームの施工例です。

2階はご夫婦用のセカンドリビング。1階はウォールナット材のフローリングですが2階はがらっと雰囲気を変えて爽やかなメープル材のフローリングのT様邸。家具を1階はウォールナットで統一しましたが2階はブラックチェリー材でご提案させていただきました。
テレビボードはVigoreオリジナルデザインのFede(フェーデ)。スチールを採用した細身のレッグは「木」では再現できないシンプルデザインでインダストリアルな雰囲気を醸し出します。また見た目はすべて木扉に見えますが中央の機器類収納部の扉はアクリルに突板を貼ることで赤外線を通す仕様になっています。
またデスクと収納を兼ねたサイドボードもお届け。天板と側板のデザインは1階に納品したテレビボードCertoと同様のデザインです。斜め45度にカットしてあることで陰影ができ立体感を作りだしています。
デスク用のチェアには、限界まで細く削り出したアームチェアCH-Sをお選びいただきました。側面の貫部分にはアクセントで真鍮を使用しております。真鍮素材は天然木同様に時間の経過ともに色合いが変化するので天然木の家具にはとても相性が良い素材です。

S様、この度は誠にありがとうございました。末永くご愛用くださいませ。

Detail
テレビボードはVigoreオリジナルデザインのFede(フェーデ)。スチールを採用した細身のレッグは「木」では再現できないシンプルデザインでインダストリアルな雰囲気を醸し出します。また見た目はすべて木扉に見えますが中央の機器類収納部の扉はアクリルに突板を貼ることで赤外線を通す仕様になっています。
Detail
テレビボードFede(フェーデ)の天板と側板は木口(断面)を見せない留加工で製作されています。その為、横顔をすっきりとした印象になっています。
またアイアンのレッグは内側にセットすることで軽快で圧迫感のでないデザインになっています。
Detail
前面の引出し前板と扉部分は継ぎ目のない一枚の突板を使用して製作しています。また横方向に木目が繋がるように木取りしていますのでブラックチェリー材が経年変化で色合いが変わってもむらがでずに美しい意匠を保ちます。

Detail
デスクと収納を兼ねたオーダーサイドボード。
デザインは1階に納品したCerto(チェルト)シリーズと同様に斜めにカットした面材が陰影を与えて立体感が生まれるデザインになっています。
Detail
左からデスク部・引出し収納部・棚収納部になっており、小物から書籍類まで様々な収納に重宝します。
Detail
チェアは極限まで細く削り出した部材で製作されたアームチェアCH-S。
一人の職人によってすべてが製作されており、こだわりを感じる1脚。
側面の貫部分には真鍮素材でアクセントをつけています。

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ