インテリア相談・問い合わせ
 【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 長久手市 H様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2019年3月22日
納入製品
オーダー製作 チェスト&ドア Certo(チェルト)ウォールナット材
コメント

H様は約3年前にご新築した際にオーダーテレビボードやダイニングセットをお届けさせていただいております。
その後もチェストやシェルフなども製作させていただきVigoreの家具をご愛用いただきております。

今回、ご依頼いただいたのはリビング用のサイドボードです。上には兜飾りや雛人形を飾りたいとのご要望でした。そこで後日、ご自宅にお伺いさせていただき飾る物のサイズの採寸、内部に収納したい物をお聞きしたうえでプランを作成させていただきました。
以前にお届けさせていただいたテレビボードが、VigoreオリジナルのCerto(チェルト)デザインでしたので、それをベースにしてご提案させていただきました。
サイズは置き場所に考慮しながら兜飾りの土台より少し大きめの幅1100㎜・奥行480mmで製作。
3分割デザインにして上段は文房具などの小物類を収納できるように浅い引出し収納、中央は深さを変えた引出し収納、左右はA4ファイルサイズが入るように設計しました。
開き扉内部は収納したファイルが倒れないように縦に仕切りを設けてあります。またそのうち2枚は可動式になっており収納する物が変わっても対応ができる仕様になっています。

H様、いつもVigoreをご利用いただき誠にありがとうございます。末永くご愛用くださいませ。

Detail
以前にお届けしたのがVigoreオリジナルデザインのCerto(チェルト)でしたので、同様の形状にて製作しました。
脚部はすっきりとしたフォルムがご希望でアイアンレッグにて製作。木製と比べるとアイアンの場合は脚を細くできるため、よりすっきりとしたフォルムになります。
Detail
H様のご要望をお聞きしてフルオーダーで製作。文房具などの小物類、ノートパソコン、A4ファイルなどが綺麗に収納できるように設計しました。
また天板上には兜飾りや雛人形を飾るとのことでしたのでそれらのサイズを採寸して本体サイズを決定しました。
Detail
前面の引出し前板と扉部分は横方向に木目が繋がるように木取りしていますのでウォールナット材が経年変化で色合いが変わってもむらがでずに美しい意匠を保ちます。

Detail
取手はオリジナルの真鍮取手を採用しています。
最初は金色の真鍮は経年変化により渋い色合いに変化していきます。天然木同様に変化があるためとても相性のよい素材です。
Detail
天板には携帯電話の充電器を置きたいとのご要望だったので、配線が通るように最小限の切り欠き加工を施しました。細かなところまで自由に設計できるオーダー家具ならではです。
Detail
ウォールナット材は経年変化により、黒っぽいこげ茶からまろやかな茶色へと色合いが変わります。画像の右側のテーブルは3年前にお届けしていますが、今回お届けしたボードと比べると色合いの変化がよく分かります。

施工事例
施工事例 長久手市 H様 施工例
お問合せ番号 sekou_1102
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ