【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください
広松木工値上げのお知らせ

施工例

ホーム > 施工例 > 岡崎市 T様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2019年4月6日
納入製品
テレビボード「HORIZONTAL(ホリゾンタル)」、ハーフアームチェア 「OM」、ウォールナット材
コメント

名東店より、岡崎市・T様邸へお届けしてまいりました。

T様はご新築を機にテレビボードやチェアなどをお探しでご来店。

テレビボードは格子デザインの「HORIZONTAL(ホリゾンタル)」を気に入られました。
デザインやサイズはすぐに決まりましたが、ご新居の壁面環境を確認したところ壁面のコンセントプレートが少し干渉することなどが分かり、少しカスタムを加えて製作することに。
壁面のコンセントプレートにプラグやアンテナ、アダプターなどを挿しても本体に干渉しないよう、収納部の背面側に50mm程度の空間を設けるように設計。お手持ち機材が余裕をもって入れられるように背板は入れず、奥行の内寸を広く。背板をなしにすると放熱効率が良くなったり配線の取り回しがしやすくなったりする利点があります。当店は自由設計で細かくカスタムできるので、事前に壁面環境やお手持ち機材などを確認しておくとそれにあわせて設計できて失敗がないです。
幅はW2,000mm、素材はフローリングのブラックチェリーと対比が出せて、建具に近いウォールナットにすることで、際立てながらもインテリアに調和するように。

チェアはいろいろ座り比べた結果、「OM」のハーフアームデザインタイプを。背もたれの笠木は削り出しによる三次曲面で背当たり良く、座面はお尻が乗るあたりの芯材をくり抜きトランポリンのように布バネを張ってあるので底付き感のない掛け心地。細身のデザインですがフレームの剛性や強度は高くできるよう、パーツの接合部を厚く残して組む「持ち出し」という技法を採用しています。

末永くご愛用くださいませ。

カスタムの詳細などはブログ記事『テレビボード「HORIZONTAL」カスタム仕様お届け』もご参照ください。

Detail
テレビボード「HORIZONTAL(ホリゾンタル)」。中央が機材収納、両サイドが引出収納のレイアウト。幅は壁面に合わせてW2,000mm、素材は建具とコーディネートしてウォールナットにて。
Detail
水平基調の格子デザインは見た目の安定感があり、陰影を生むディテールが立体感を出すのでつるんとしたフラットデザインと比べるとチープさがなく、リビングの雰囲気もぐっと良くなります。
Detail
壁面のコンセントプレートが少し干渉することが事前に分かったため、プラグヘッドやアダプター類を挿しても問題ないよう帆立や背板を手前にずらした位置に設定し背面側に50mm程度の空間を設けてあります。背板は入れずに配線処理しやすいようにしてあります。

Detail
HORIZONTALは素材や構造も吟味してあるテレビボード。引出内装にはきちんと桐材を使い、四方蟻組・ベタ底・木釘留めなど、昔ながらの感情な作りを継承しています。
Detail
チェアはハーフアームデザインの「OM」を。肘を置けるので寛いでも過ごすことが多くなった現代ダイニング向きで、チェアを少し引いて横に逃げられるため出入りの多い女性にもおすすめ。
Detail
背もたれの笠木は削り出しによる三次曲面形状で背中にフィット。各パーツの接合には、接合部の材を厚く残して強度を高くする「持ち出し」の技法を採用しています。

施工事例
施工事例 岡崎市 T様 施工例
お問合せ番号 sekou_1105
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ