【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > あま市 M様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2019年4月21日
納入製品
ソファ「AUTHENTICITY FINE」シリーズ 『RB』、サイドテーブル BJ、ウォールナット材
コメント

名東店より、あま市・M様にお届けしてまいりました。

M様はご新築を機にソファをお探しでご相談いただきました。
新たな住まいに迎えるにあたって、せっかくなら長く使えるクオリティの高いソファをとネットで調べるうち、たまたま見つけた当店のソファが気になりご来店。
ソファは背中を壁につけず、背面や側面など360°ぐるりと見えるレイアウトになることから、デザイン性の高いウッドフレームでご検討。いろいろご覧になり、気に入られたのは「AUTHENTICITY FINE(オーセンティシティ ファイン)」シリーズから「RB」。
「RB」は格子をあしらった後姿が美しく、M様邸のようにソファの背面が見えるレイアウトに最適。格子は木目の美しさを活かしながら休息に適した角度にするため、一枚の板を一旦カットし角度を持たせてフィンガージョイントで再接合。いずれも木目がきちんと通ったパーツで規則正しく配された格子は美しく、格調高い雰囲気に。
座面はトップからハンガリー産スモールフェザー層、複層構造の高密ウレタン層、トランポリンのようにクッション性を持たせたボトムのウェビング層と、多層構造により自然なストロークで体を受け止めてくれます。
ブラックチェリーのフローリングと対比をもたせて際立つよう、ファブリックは落ち着いたイメージのネイビー、フレームはウォールナット材にて。
コの字型で座面に挿し込める、使い勝手の良いサイドテーブルも一緒にお届けいたしました。

末永くご愛用くださいませ。

Detail
背面や側面にも意匠性を持たせやすいのがウッドフレームソファの特長。ソファの背中が見えるレイアウトとなりやすい現代のリビングダイニングにちょうど良いデザイン。「RB」は規則正しく配された格子が美しく、格調ある雰囲気。
Detail
格子部分の拡大(構造が分かりやすいよう画像加工で一部色をつけてあります)。木目を通しながら休息に適した角度設定とするため、一枚の板を一旦カットし、角度を持たせてフィンガージョイントで再接合しています。
Detail
アームと前脚接合部拡大。互いの木口を斜め45度にカットして組む「留(とめ)」の納まり。正面から見ても上から見ても材の厚みが表にでないので見た目もすっきり。フレームの剛性を高くするため二重のフレーム構造になっています。

Detail
座面トップにはハンガリー産スモールフェザー層、その下には比重の高い高密ウレタン層、さらにその下の本体ボトムにはトランポリンのようにクッション性をもったウェビングボトムと複層構造にしあげています。自然なストロークでふわっと優しく受け止めしっとりと支えます。
Detail
サイドテーブルを合わせて。コの字型のデザインになっており、座面に挿し込んで使えます。飲み物などを置く際も前傾姿勢にならず、小脇にすっとおけるので寛いで過ごすのにちょうど良いサイドテーブルです。
Detail
シンプルなデザインですが、きちんとしたつくり。パーツの接合部には木口を凹凸に加工し手を組むように合わせる昔ながらの木工の仕口「あられ組み」を採用。天板には浅く溝を入れて物が転がらないようひと手間加えて。

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ