【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 北名古屋市 A様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2019年4月27日
納入製品
テレビボード「HORIZONTAL(ホリゾンタル)」ブラックチェリー材
コメント

名東店より、北名古屋市・A様邸へお届けしてまいりました。

A様は以前にダイニングセットをお求めいただいている顧客様で、今回はテレビボードのお買い替えでご相談いただきました。

いろいろご覧いただいたなかでA様が気に入られたテレビボードは「HORIZONTAL(ホリゾンタル)」。
各収納部をまたいで幅いっぱいに配された水平基調の格子デザインは見た目の安定感があり、収納した機材を丸見えにしないのでテレビ周りもすっきり見えます。天板と扉・引出前板の召し合わせ部分は、互いの木端を斜め45°にカットして合わせる「留(とめ)」の納まりですが、正面から見たときに天板の厚みが表に出ないためすっきりとした印象に。格子デザインは陰影が出るので立体感があり、凹凸のないフラットなデザインに比べチープに見えることもなく上質な雰囲気。
壁掛けしたテレビとの間があまり開かないようにするのと収納の容積を大きく取るため、高さをアップするカスタム仕様でご用意。幅はA様のご希望によりW1,700mmで設定いたしました。
素材は以前お届けのダイニングセットと同じブラックチェリー材にて。

末永くご愛用くださいませ。

Detail
テレビボード「HORIZONTAL(ホリゾンタル)」。中央が機材収納、両サイドが引出収納のレイアウト。幅は壁面にA様のご要望に合わせてW1,700mm、素材は以前お届けのダイニングセットと合わせてブラックチェリー材にて。※機材設置や配線処理のため背面側を空けて仮置きした状態です
Detail
水平基調の格子デザインは見た目の安定感があり、陰影を生むディテールが立体感を出すのでつるんとしたフラットデザインと比べるとチープさがなく、リビングの雰囲気もぐっと良くなります。
Detail
天板と扉・引出前板の召し合わせ部分拡大。互いの木端を斜め45°にカットして合わせる「留(とめ)」の納まりにすることで、正面から見た際に天板の厚みが露出せずすっきりした印象になります。

Detail
HORIZONTALは素材や構造も吟味してあるテレビボード。引出内装にはきちんと桐材を使い、四方蟻組・ベタ底・木釘留めなど、昔ながらの感情な作りを継承しています。
Detail
機材収納部の扉裏面にはホコリの流入防止でガラスを入れてありますが、格子の抜けた部分を赤外線が通れる構造のため、扉を閉めた状態で機器類のリモコン操作が可能です。扉にはゆっくり開くソフトダウンステーを採用しているので安心。
Detail
格子は陰影を生むので立体感がありリビングを上質な雰囲気にしてくれます。材料は製品ごとに都度木取りしていきますので戸枠の木目がきちんと通っており見た目も美しく。

施工事例
施工事例 北名古屋市 A様 施工例
お問合せ番号 sekou_1108
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ