【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください
広松木工値上げのお知らせ

施工例

ホーム > 施工例 > 名東区 S様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2019年6月22日
納入製品
『AUTHENTICITY』グランデソファ D
サイドテーブル BJ
ブラックチェリー材
コメント

名東店より名東区 S様邸にお届けしてきました。

S様はソファの買い替えがご希望で名東店にご来店いただきました。その際にVigoreがお薦めする『AUTHENTICITY(オーセンティシティ)』シリーズのソファのこだわりや長く使えるように丈夫な構造などをご説明させていただきました。そして後日、ご来店いただき『AUTHENTICITY(オーセンティシティ)』シリーズのグランデソファ『 D 』をお選びいただきました。
『AUTHENTICITY(オーセンティシティ)』グランデソファ『 D 』は幅2200㎜の大きなウッドフレームソファですが、ゆったりとした広いリビングのS様邸にはちょうどよいサイズ感。お手持ちの広松木工のテレビボードANIMA(アニマ)もソファ同様にブラックチェリー材のため、まとまりのある素敵なコーディネートとなりました。
張地はいくつかの候補の中から、優しい印象の「TDR」のモカ色をお選びいただきました。
設置が完了してS様にご覧いただくと「とても良い色合いですね~!いい雰囲気になりました。」とお喜びいただきました。
また付属のサイドクッションのうち2つをアクセントをつけるためオリーブカラーとライトアッシュカラーに変更。
こちらのファブリックは天然素材100%で起毛した表面はとても肌触りがよく枕がわりにはうってつけです。
またサイドテーブル「BJ」もお届けさせていただきました。板の接合部は組継ぎで製作されており、とても丈夫な構造になっています。
フレーム部分のブラックチェリー材はこれから経年変化により濃く上品な色合いになっていきます。
時が経つほどに魅力が増していくのは着色をしていない上質な天然木の家具ならではです。

S様、この度は誠にありがとうございます。末永くご愛用くださいませ。

Detail
独特の形状をしたフレームは熟練の職人だけしか製作ができません。
画像では分かりにくいですが、側面や後脚にはカットが入れられています。
納品したばかりのブラックチェリー材は淡い色合いですが、これから時間の経過とともに赤褐色へと変化していきます。
Detail
アームの前面は木口(木の断面)を敢えて見せたデザインになっています。
この彫刻のような部材は職人が一つ一つ手で削り出して製作しています。
『AUTHENTICITY(オーセンティシティ)』シリーズのソファで使用される無垢材は最高ランクであるFASランクの無垢材から更に選び抜いた最高級の素材のみを使用しています。
Detail
ソファの足元に差し込んで使えるコノ字型サイドテーブルも同じブラックチェリー材で製作させていただきました。
寛いだ姿勢で天板面に手が届くように設計されており、とても実用的なテーブルです。接合部は組み継ぎで組み上げられています。

Detail
正面から見ると細めのアームですが、独特のディテールで華奢すぎないちょうどよいバランスになっています。
またアーム部分の部材は三角形に加工がしてあることにより、陰影が様々な表情を作り出します。
Detail
付属のサイドクッションのうち2つをアクセントをつけるためオリーブカラーとライトアッシュカラーに変更。
こちらのファブリックは天然素材100%で起毛した表面はとても肌触りがよく枕がわりにはうってつけの質感です。
Detail
本体のファブリックは優しい雰囲気のモカカラーをお選びいただきました。
ざっくりとした風合いに見えるファブリックですが、手に触れてみると滑らかな質感です。また『AUTHENTICITY(オーセンティシティ)』シリーズのソファはすべてカバーリングタイプです。将来的に替えカバーで雰囲気を変えることも容易です。

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ