【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 豊川市 F様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2019年6月25日
納入製品
ソファ「AUTHENTICITY FINE」RB、サイドテーブル BJ ウォールナット材
コメント

名東店より、豊川市・F様邸へお届けしてまいりました。

F様はご結婚を機にご新居用のソファを新調されるとのことでご来店。

「リビングスペースがあまり広くないので極力ボリュームがないものを」とのお話しでしたので、見た目の軽やかなウッドフレームをおすすめし、いろいろご覧いただいたなかでF様が気に入られたソファは「AUTHENTICITY FINE」シリーズの「RB」。
背面には格子をあしらったデザインで、要所抜けたデザインは見た目も軽やかで、規則正しく並んだ縦の格子は格調があり、見る角度で重なり具合が変わるので表情を変える面白さもあります。
アーム幅が80mmと一般的な張りぐるみデザインのソファと比較すると細身でコンパクトなので、3PサイズでW1,800mmの設定ですが、リビングに置いた時のボリュームを抑えながらも内寸はゆったり使うことができます。
フレーム素材はフローリングと対比を持たせて際立たせるようウォールナット材、ファブリックはわずかにトーンの異なるホワイト系の糸をミックス調に織った、モコモコしたシェニールのように立体感のある生地をセレクト。
リビングをゆったり使いながら、リモコンや飲み物を置くのにちょうど良いサイドテーブルも合わせて。

末永くご愛用くださいませ。

Detail
規則正しく並んだ背面の縦格子が特徴の「RB」。格子部分はすべて一枚の板から作られており、一旦カットしたものを角度を持たせて再接合することで木目を通しながら休息に適した角度を出しています。
Detail
アームと前脚の接合部は互いの木口を斜め45度にカットして合わせる「留(とめ)」の納まり。二重のフレーム構造は鉄骨のハブやウェブのようにフレーム剛性を出す役割を持ち、同時に陰影を生むことで立体感のあるデザインとしています。
Detail
アーム幅は細身の80mm。3PサイズはW1,800mmとコンパクトな設定ですが、アームが細身なので実際に座る内寸部分は意外にゆったり確保できています。ソファは置きたいけどあまり大きなサイズにはしたくないという方にはおすすめのデザイン。

Detail
ファブリックはモコモコしたシェニールのように少し立体感のある織り。遠目で見ると単色に見えますが、わずかにトーンの異なる数種類の糸を使っており、立体感のあるテクスチャと相まって、照明環境で表情を変える上質な雰囲気のものをセレクト。
Detail
リビングをゆったりつかえるよう、大きなリビングテーブルではなくサイドテーブルを組み合わせて。コの字型のデザインなので写真のように座面に挿し込んで使うことができます。リモコンや飲み物、スマホなど、手元に置きたい物には必要十分なサイズで、物を置く際に前屈みにならなくて済むので寛ぐのにはちょうど良いアイテムと言えます。
Detail
天板には浅い溝を掘ってあるので物が転がって落ちる心配もなく、接合部には伝統的な木工の仕口から「あられ組み」を採用してあるので強度も高く、意匠としてのポイントにも。

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ