【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 大府市 G様 施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2019年10月3日
納入製品
ソファ182、ソファ126「FREX」、ヘッドレスト「RIPOSO」、FREXテーブル、サイドテーブル「FREX」ウォールナット材
コメント

中川店より、大府市・G様邸へお届けしてまいりました。

ご新築のLDルームにFREXソファを2台設置されるという事でW182・W126の組み合わせでご購入いただきました。カバーは黒革がご希望。グレーの床にウォールナット材、スチールフレームがモダンな印象に。黒革にされる事でよりクールなイメージに。FREXソファはカバーの素材によってはナチュラルなイメージも作り上げます。片側の背クッションにはヘッドレストを付けられました。こちらのヘッドレストはソファRIPOSO用ですがFREXにもお使いいただけます。こちらはFREXテーブルW154。G様はリビングテーブルとしてご使用されますが将来的にはダイニングテーブルとしても使える2WAYのスチールレッグでハイ・ローの切り替えが可能なテーブルです。こちらもグレーの床にベストマッチですね。サイドテーブルFREX068。G様は刺繍をされるお母様の為に、W68㎝のサイドテーブルをご用意されました。FREXソファはアームレスなのでサイドに設置してアームの代わりにも、またソファに座って手仕事される時など、場所を移動して花台として、いろんな場面で活躍してくれます。後姿は温もりのある天然木とクールなスチール、そして黒革の重厚感がLDルームを一層グレードアップしどこから見ても満足な風景となりました。G様、この度は誠にありがとうございました。

末永くご愛用くださいませ。

Detail
ソファは広松木工の「FREX」をセレクト。画像はW182サイズ。背中やボトムのパネル部分はウォールナットですが、レッグをスチールにしてあるので無機質な素材やモダンなインテリアとも合わせやすいモデル。
Detail
片側はコンパクトなサイズのW126タイプ。FREXはアームがないデザインなので総幅がコンパクトでも実際に座る有効部分はゆったり。背クッションはマチを薄めにしてあり、座面がゆったりで自由度の高い過ごし方をしやすいです。
Detail
「RIPOSO」のヘッドレストを合わせて。差し込むタイプなのでFREXでも使うことができます。もともとローバック寄りの設定なので、首元のサポートが欲しい方はヘッドレストを付けると掛け心地が良くなります。

Detail
張地は黒革をセレクト。モダンな空間には合わせやすい素材・カラーです。カバーリング仕様なので将来的に消耗した際はカバーのみの交換が可能。
Detail
テーブルも「FREX」シリーズから。レッグは兼脚タイプとなっており、組み替えてダイニングテーブル、ローテーブルと使い分けられます。G様はローテーブルとしてソファ前に。将来的にダイニングテーブルとしても使えます。
Detail
同じく「FREX」シリーズのサイドテーブルも合わせて。座面に挿し込めるコの字型デザインで便利。リモコンや飲み物など、すぐ手元に置けるので便利です。

施工事例
施工事例 大府市 G様 施工例
お問合せ番号 sekou_1135

PICKUP ITEM

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ