インテリア相談・問い合わせ
 【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 天白区 H様 施工例
施工日
2021年8月6日
納入製品
テーブル「Ottimo」、カウホーンチェア「BRANCH」、アームチェア&ハーフアームチェア「OM」、ウォールナット材
コメント

中川店より、天白区・H様邸へお届けしてまいりました。

H様はご新築を機にダイニングセットのお買い替えでご来店。

初回ご来店の際は、レッグデザインで使い勝手が変わることやサイズ検討の際のアドバイス、カスタムや調整などきめ細かく対応できることなどをお話ししながらひと通りご案内させていただきました。長く使うものだし、せっかくなら天然木を使ってきちんとしたクオリティで作ったものをと後日再来店いただき、気に入られたのが中川店オリジナルのテーブル「Ottimo(オッティモ)」。8/4インチの厚い製材を加工して作る40mm天板に、膝を横に抜きやすく出入りがしやすいI型のシェーカーレッグデザインが特徴。面形状などのディテールは好みに合わせて加工していますが、耳付きの一枚板天板のように木端側にウェーブのカットを入れたディテールを気に入られました。
チェアはご夫婦それぞれに好みが分かれましたので自分に合うチェアで揃えるマイチェアのコーディネートで。
ご主人は「OM」をセレクト。削り出しの背もたれ笠木や座面芯材の一部をくりぬいてトランポリンのように布バネを張り底付き感のない座面など、掛け心地の良さを気に入られました。フルアームとハーフアームデザインがあるのですが、それぞれに利点があるので悩んだ末に一脚ずつ揃えることに。
奥様はショップで最軽量のカウホーンデザインチェア「BRANCH(ブランチ)」をセレクト。一枚の板に切り込みを入れて端部を異なる角度に曲げ加工してトラス(三角形)をつくることで剛性を出したデザイン性の高いモデル。座面は布バネを張ったトランポリン構造で底付き感なく、背張りタイプで背あたりも良く。少し小柄な奥様に合わせて10mmほど座面高を下げるよう調整してご用意いたしました。
張地選定ですが、キッチンに直列にテーブルを並べるレイアウトでキッチンの面材がチャコールグレー系でしたので、それにあわせてニュートラル系でコーディネート。あまり重々しくならないよう、明度を変えてライト&ダークのグレー系で張り、少し変化をつけて。

末永くご愛用くださいませ。

Detail
8/4インチと厚い製材を加工してつくる、迫力ある40mm天板。
面形状はいろいろ加工できますが、Hさまは耳付きの一枚板のような雰囲気を気に入られ木端をウェーブカットした仕様で。
Detail
テーブル「Ottimo」はレッグデザインにも特徴あり。
I型のシェーカーレッグデザインで、膝を横に抜きやすいため出入りがしやすく、レッグまわりに意匠性を持たせられたり、すっきり見えるなどの利点があります。
Detail
ご主人が気に入られた「OM」。
画像はハーフアームですが、フルアームタイプと一脚ずつお迎えいただきました。
パーツの接合には「持ち出し」などの技法が用いられ細身ながら頑丈なつくり。
背座にも掛け心地がよくなる工夫がしてあります。

Detail
奥様が気に入られた「BRANCH」。
肘を掛けてくつろげる休息性、立ったり座ったりの出入りのしやすさを備えた「ハーフアーム」デザイン。
座面はトランポリンのように布バネを張った仕組みで、お尻の形に受けるので底付き感のない座り心地。
約3.5kgと超軽量タイプで女性でも扱いやすい点も大きな特徴。
Detail
「OM」接合部ディテール。
接合部を厚く残すことで細身のデザインながら組付け強度を高くすることができる「持ち出し」の仕口。
Detail
「BRANCH」レッグのディテール。
よく見ると分かりますが、一枚の板に切り込みをいれて端部を異なる角度に曲げ加工して作っており、トラス(三角形)を入れることでフレーム剛性を出しています。
高い加工技術から生まれるデザイン性高いチェアのひとつ。

施工事例
施工事例 天白区 H様 施工例
お問合せ番号 sekou_1219
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ