インテリア相談・問い合わせ
 【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 瑞穂市 K様 施工例
施工日
2022年5月28日
納入製品
テーブル DT618、ハーフアームチェア DC354、板座ハーフアームチェア DC352&専用座クッション
コメント

中川店より、瑞穂市・K様邸へお届けしてまいりました。

若いご夫婦で新生活を始めるにあたってテーブルとチェアをお探しでした。
家具を見始めて間もないとのことでしたので、ショップをご案内しながらいろいろお話。木材の特徴やエイジングの様子、塗装の特徴、テーブルサイズの決め方、デザインによる使い勝手の違いなどなど。失敗しないためにどういうところをチェックしたらいいかをお話し。その日は家具屋めぐりをするとのことでお見送り。夕方、「いろいろ見たけど、こちらの家具がいいかなと」と再度ご来店。
テーブルは「DT618」をセレクト。デザインを気に入られたのと、トップを絞ったレッグデザインは膝を横に抜きやすく出入りがしやすい利点も。フローリング等のインテリアにあわせてオーク材メインのコーディネートですが、少し締まるようレッグのみブラックで。サイズは1,500×900mmで少しゆったりめ。今はご夫婦二人ですが、長く使えるよう現在にフォーカスしすぎず、家族が増えるなどライフステージの変化に対応しやすいよう少し先を見据えて。
チェアはご夫婦それぞれご自身に合わせるマイチェアコーディネート。板座タイプと張座タイプをそれぞれ選ばれましたが、どちらも出入りがしやすく寛いでも過ごせる「ハーフアームデザイン」にて。板座には座クッションもご用意しましたが、張座チェアと生地を合わせることでチグハグに見えないように。

末永くご愛用くださいませ。

Detail
テーブルはDT618をセレクト。
レッグはトップを絞ったフォルムで膝を横に抜きやすいので出入りがしやすい利点も。
内装に合わせてオーク主体のコーディネートですが、ポイントで少し締まるようにレッグのみブラックを採用。
Detail
チェアはそれぞれ自分にあったものを選ぶマイチェアのコーディネート。
写真は板座タイプのDC352。肘を置いて寛げて、かつ出入りがしやすいハーフアームデザイン。
Detail
座面は板座ですが、お尻と太ももの形に削ってあるので意外に底付き感のない掛け心地。張座チェアと同じ生地で専用クッションを合わせて。

Detail
張座タイプのDC354.
こちらも人気のハーフアームデザイン。
Detail
フレームの接合には「持ち出し」継ぎを採用した頑丈なつくり。
細身でも強度の高いフレームになっています。
Detail
背もたれ笠木は広い面で受けるデザイン。背中への当たりも優しく寛いで過ごすのにちょうど良い設定。

施工事例
施工事例 瑞穂市 K様 施工例
お問合せ番号 sekou_1243

PICKUP ITEM

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ