SNS

facebookinstagramLine@RSS

商品カテゴリ

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0 円

カゴの中を見る

LINE@
LINE@ 友達追加
LINE@ QRコード
QRコードが読み取れない場合はクリックで大きなサイズを表示します。
リアルショップ・インフォメーション
店舗紹介・中川店

店舗紹介・名東店

施工例【 至高のソファ 】

施工例【 オーダー家具 】

施工例【 ギャッベ 】

施工例【 LDルーム 】

施工例【 素材別 】

施工例【 アイテム別別 】

施工例【 フロアカラー別 】

Vigoreのブログ

Vigoreイベント&ニュース

オーダー家具・実例紹介

動画でレクチャー
リアルショップ・インフォメーション
オススメ!ウォールナット材の家具
オススメ!ブラックチェリー材の家具
特集 『椅子』
特集 『天然木の魅力』
手織ギャッベ
BELGIUM RUG(ベルギー製ラグ)
無垢材の照明
特集
LLOYD LOOM

インテリア相談・問い合わせ
 【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。
天然木の特徴について
ご注文前にご覧いただきあらかじめご了承ください

施工例

ホーム > 施工例 > 西尾市 A様 施工例
施工日
2022年7月23日
納入製品
「TRES THE SOFA TAILOR(トレス ザ・ソファテイラー)」 片肘2.5Pソファ&SSオットマン『GRVA』、無垢ステンレス磨きレッグ
コメント

中川店より、西尾市・A様邸へお届けしてまいりました。

A様はご新築を機にソファを新調したいとのことでご来店。

ネットでソファを検索しているうちにSNS等でも評判が良いものを見つけて興味を持たれたのがきっかけだそうです。
調べるうちに「TRES THE SOFA TAILOR」というソファブランドの製品であることが分かり、近場で実際に試せるところを探したところ愛知県のオフィシャルショップである中川店にたどり着かれたとのこと。

ショップでは「TRES」のソファをいろいろお試しいただきましたが、掛け心地やデザイン・機能性など総合的に見てA様が気に入られたのは「GRVA」。

「GRVA」は椅子座ながら床座に近いスタイルでもくつろぎやすい、奥行の深さが特徴のひとつ。あぐらをかいたり、寝転んだり、家族中心の現代リビングはくつろいだスタイルで過ごすことがほとんど。自由度の高い過ごし方ができる「GRVA」は現代リビングにぴったりのモデルと言えます。

ご新居間取りやご希望のレイアウトを伺ったところ、ゆったりサイズを置きたいもののリビング階段などがあり動線確保や圧迫感を考えると少しコンパクトめが良いかお悩みでしたので、2.5Pサイズの片肘タイプをセレクト。
アームの太さ分サイズダウンでき、片側を窓に寄せることで主動線を太くできます。

ご新居のインテリアイメージがやや無機質でクールな印象のモダンでしたので、カラーは無彩色系からライトグレーをセレクト。ファブリックは柄がないプレーン系ですっきりシンプルに。
ピロークッションは張地を変えてコンビとるすことは早い段階でお決まりでしたが、どの生地にするかは少しお悩みに。作りたいイメージから無彩色系というのは決めていましたが、ボディより明度差を出してアクセントとするか、逆に調和させるか。
最終的にはカラーでの対比は抑えながらテクスチャで差をつける組合せに。マットなイメージのボディに対して、起毛素材でグロッシーなイメージのライトグレー。起毛素材はパイルの向きで濃淡が変わりますし、見る角度で表情が変わるので同系色でもきちんとアクセントになっています。

カウチのように足を伸ばしても過ごせるようオットマンをプラスして。
レッグはモダンなインテリアにあわせて無垢ステンレスの磨きタイプにて。

末永くご愛用くださいませ。

Detail
片肘タイプにして窓側に寄せることで主動線を太くとりながら、座る座面の有効幅はゆったり確保できています。
Detail
ソファ背面側から。右側にリビング階段がありますが、主動線側を広くとってあるので見た目の圧迫感もなく広々としたリビングイメージ。
Detail
座面の奥行を一般的な設定よりD200mmほど深くしてある「GRVA」。
あぐらをかいたり寝転んだり、床座に近いスタイルでくつろぎやすい設計です。

Detail
カウチのように足を伸ばして過ごせるようオットマンもプラスでご用意。
来客の際は横に出せば補助椅子としてフレックスに使えるのも良い点です。
Detail
モダンなインテリアに合わせたライトグレーでのコーディネート。ピロークッションは明度差がほとんどない同系のグレーで、テクスチャが異なるものをあわせてアクセントに。起毛素材は見る角度で濃淡が変わって見えるのでちょうど良い変化をつけられます。
Detail
レッグもインテリアイメージにあわせて、クールな印象の無垢ステンレスの磨きタイプで。

お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ