【フリーメールご利用のお客様へ】お問い合わせやご注文時、当店からのメールが届かない方は、こちらのご利用ガイドもご確認ください。

施工例

ホーム > 施工例 > スタッフ松崎邸・学習デスク施工例
VIGORE 施工事例
施工日
2010年12月22日
使用商品
オーダーデスク「親父が考えた、息子用デスク」
コメント
名東店スタッフ・松崎の息子用デスク、納品事例。
来年入学の長男用にデザイン・設計し、工房で作ってもらったオーダーデスク。ウォールナット材の学習デスクですが無塗装で出荷してもらい、息子と二人でオイルを塗って仕上げました。
デザインはもちろんですが、レーザー加工で名入れした「世界でひとつ」のオーダーデスク。
子供にとって勉強机は、始めての自分専用家具。
息子と二人で作業するのは、とっても面白かったです。

ウォールナットの経年変化とともに、息子の成長していく様子を楽しみながら見守りたいと思います。(^^)
オイルを塗って仕上げる様子は、ブログ【「親父が考えた、息子用デスク」・仕上げ編】でもご紹介しておりますのでぜひご覧ください。

子供と一緒に仕上げたいお客様は、無塗装でご用意いたしますので、お気軽に!(^^)
無塗装のウォールナット材
素地はどの素材でも結構白っぽいです。あまりご覧になったことが無いと思いますが、無塗装のウォールナットはこんな色です。
安心な塗装「オイルフィニッシュ」
塗り方を教えて、実際に息子が塗っているところです。塗装はVigoreのオーダー家具でも採用している「オイルフィニッシュ」。有害な物質を含まない、植物ベースのオイルを擦りこむ仕上げ。
「濡れ色」と言います
オイルを塗って仕上げたウォールナットのデスク。ちなみに塗装は着色をするわけではありません。濡れ色と言いますが、オイルを吸って素材の元々の色味が深くなっています。

レーザー加工
天板の木口には、レーザー加工で名入れしてあります。自分専用の道具になるわけですから、所有者を明確にしてあります。(^^)
框(かまち)組の引出ワゴン
引出の袖部分は木製キャスターをつけて可動式にしてあります。天板・前板は無垢ですが、側板部分も框(かまち)組といって、枠を組んで鏡板を入れる構造になっています。あっ、ウチの坊主です。(^^)
堅牢な構造
引出内装は桐材。構造的には、四方蟻組み・ベタ底・木釘仕様です。Vigoreのオーダー家具の標準仕様と一緒です。構造部分は伝統的に意味のある部分を継承し、デザインは現代風にアレンジするのがVigore流です。

施工事例
施工事例 スタッフ松崎邸・学習デスク施工例
お問合せ番号 sekou_67
お薦めTVボード特集
AUTHENTICITY(オーセンティシティ)

このページのトップへ