天然木の特徴について

ホーム > 天然木の特徴について
天然木の個性について
私たちが家具に使う天然木は自然由来。
容姿や性格など人間の個性が人それぞれ違うのと同様に、天然木にもそれぞれ固有の特徴があります。
私たちは木目の表情や色味、経年変化の様子などをそれぞれの個性と捉え、過剰に排除したり手を加えるのではなくできるだけ自然の姿のまま製品に取り入れております。
製品にはこういった天然木固有の個性が入ることがございますので、あらかじめご了承くださいませ。
節(ふし)
樹木が成長していく過程で枝が幹に取り込まれた痕跡。
基本的には節の入らない部分を使って作ることがほとんどですが、製品によってはあえて一定の大きさの節あり材を使って無垢材のワイルドさを表現しているものもございます。節あり材を使ったものはページに記載しておりますが、節の大きさや入る位置については縁のものとなりご指定いただけませんのでご了承ください。
斑(ふ)
樹木の中心部分から放射線状にできる組織「髄線(ずいせん)」が製材時に表面に現れたもので、ブナ(ビーチ)やナラ(オーク)を柾目(タケノコ状の模様となる板目とは違い、刃物が樹心を通るように挽いた平行で整った木目のもの)で挽いたときによく見られます。自然の造形ゆえに様々な模様となって現れ、虎の毛皮のように美しい縞模様から「虎斑」とも呼ばれます。
ガムポケット
ブラックチェリー材固有の「キャラクターマーク」で黒い筋のような模様。
樹木の成長過程で細胞の隙間に染み出て貯まった樹液が固まったもの。樹脂は結晶化しているので家具にした時に使用に差し支えることはありませんが、かなりの頻度で現れる特徴のためテーブルなど幅広材で使う場合は必ずどこかしらに入ります。
ピンノット
樹木の成長過程でヒゲのような枝が幹に取り込まれた痕跡。小節・葉節とも言われます。
樹木の成長過程で発生するものとなるため、材種を問わず現れます。枯れた枝が取り込まれた痕跡である死節、抜け節とは異なり、周りの組織と一体化しているため家具にした際に使用に差し支えることはありません。
縮み杢
ブラックチェリーやウォールナットなどによく現れますが、ゆらめく波のような模様。
リップルマークなどと呼ばれることもあり、繊維方向に直交して現れ、見る角度によってきらめくのが特徴。
自然の造形ゆえにさまざまな模様となって現れますが、テーブルトップなど幅広の材で使う際にまれに見られることがあります。
白太(しらた)
丸太の断面を見るとよく分かりますが、樹木は樹心に近い方が色味が濃く、外皮に近い方が白みを帯びています。NHLA(全米広葉樹製材協会)の等級選別においては白太は欠陥には当たらないため製材には白太の入ったものも含まれています。極端なものは使いませんが、木取り上やむを得ず若干白太部分が入る場合もございます。
縁の物として
親が子を選べず、子が親を選べないのと同様に、どんな表情の材で仕上がるかもまさに「縁」の物。
木目の表情や色味、経年変化の様子などは個性であり、主観で優劣や良し悪しを定めるべきではないのかもしれません。そういった考えから、これらの特徴を理由とする返品・交換は、大変申し訳ございませんがご容赦いただいております。
ご検討の際にはこれら天然木の特徴をご理解のうえ、ご注文いただければと存じます。

縁あって我が家にやってくる家具ですから、お迎えいただいた家具を我が子と同じように愛していただければ幸いです。

このページのトップへ