このエントリーをはてなブックマークに追加


ウォールナットの際立ちコーディネート。中川区・T様

こんにちは。中川店の佐藤です。

本日、中川店より中川区・T様邸に家具をお届けしてまいりましたのでご紹介いたします。

 

いつもお世話になっている顧客のT様。

このたびはご新築を機にリビングダイニングの家具を新調されるとのことでご来店。

 

まずはリビングの主役となるソファから。いろいろご覧いただき気に入られたのは「AUTHENTICITY FINE」シリーズから背中の格子が美しい「RB」。

最近はLDをひとつの空間として間取り計画される方がほとんどで、テレビの位置などから必然的にソファはLDを仕切るように居室の中央にレイアウトするケースが多いです。こういったレイアウトにおいては、背面や側面に意匠性を持たせやすく、要所抜けたデザインで軽やかなウッドフレームが最適。

 

同シリーズのソファはNHLA(全米広葉樹製材協会)が定める製材の等級のうち最高位となる「FAS」ランクを用い、難易度の高い木工の仕口を採用するなど素材や構造、デザイン、掛心地など、妥協なく作られた高い品質で人気。

背中の格子はすべて一枚の板を一旦カットしてから角度を持たせてフィンガージョイントで再接合、アームと脚の接合部は互いの木口を斜め45°にカットして合わせる「留(とめ)」の納まり。

個々のお客様に合わせてカスタマイズ性が高いのも人気の理由のひとつで、T様はやや硬めの掛け心地に調整するため、座クッションのメイン層ウレタン比重を標準の50kg/㎥から55kg/㎥に上げてご用意。

 

オットマンもプラスで。

普段は座面につけて使えばカウチソファのように足を伸ばして過ごせ、来客の際は写真のように横に出して補助椅子と、生活シーンに合わせてフレックスに使えて便利。

 

ファブリックはベージュ系と迷われましたが、奥様のセレクトで無彩色系から幾何学パターンのテキスタイルを。

 

ソファ前にはコの字型のサイドテーブルを。

リモコン、スマホ、飲み物、新聞など、手元に置いておきたい物を置くのにちょうどよいコンパクトサイズ。ソファ前に置くリビングテーブルと違い、物を置く際に前屈みにならずに済むので寛いで過ごすにはちょうど良いテーブルです。

小さいアイテムですが「あられ組み」といった高度な木工の仕口を採用した堅牢な作りで、物が転がって落ちないように天板に浅く溝を切ったディテール。

 

 

テレビボードはVigoreオリジナルの「LINE」を。

天然木の表情や色味を楽しめるようミニマルなデザインで、収納した機材などを丸見えにせずテレビ周りがすっきり見えるモデル。

木取りにも配慮しており、材を通して使うので前板の木目が綺麗に流れて美しい。

 

ダイニングのテーブルとベンチは広松木工の「FREX」をセレクト。

階段の腰壁にガラスとスチール、隣にくるキッチンはステンレスとクールな素材が入るため、細身のスチールレッグを取り入れて。

木部素材はナチュラルなフローリングと対比が出て互いに際立つよう、ウォールナットにて。

 

とても素敵なインテリアで、奥様もご満足いただけた様子で安心いたしました。

T様、本日は納品にお時間いただきありがとうございました。

末永くご愛用くださいませ。



【実店舗案内】バナークリックで実店舗紹介ページが開きます


中川店

中川店


〒454-0825
愛知県名古屋市中川区好本町1-107
TEL:052-361-5551
FAX:052-351-5631

定休日:無休
名東店

名東店


〒465-0057
愛知県名古屋市名東区陸前町26
TEL:052-734-8477
FAX:052-734-8478

定休日:水曜日(祝日の場合営業)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事